♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Category [ドヴォルザーク ] 記事一覧

Op.380 ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第4番「ドゥムキー」 by ボザール・トリオ

3月も末日。年度替わりの時期。例年は 他人事 でしたが今年は、そうも行かなくなりました。4月からの新年度を目前に気忙しさだけが先立っています。しばしば耳にする曲名、ドヴォルザークのピアノ三重奏曲第4番「ドゥムキー」。お気に入りの Box から今回もボザール・トリオの演奏です。この曲は1969年と1985年の2種の録音が収録されているようですが1969年の録音の方を聴いてみました。            ドヴォルザーク:...

Op.289 ドヴォルザーク:「チェロ協奏曲」 by フルニエ;クーべリック&フィルハーモニアO.

昔からとても好きな曲。ドヴォルザークの作品の中では最も好きな曲かも知れません。久しく、久しく耳を傾けていませんでした。年数を経て今改めて聴き・・・以前よりも一層、惹かれるようになりました。早々、寄り道になります。ドヴォルザークの生涯を綴ったカレル・V・ブリアン著「ドヴォルジャークの生涯」に出合いました。生き生きとドヴォルザークの生涯が伝わり感銘を受けた書です。この書籍よりチェロ協奏曲に関連する個所...

Op.223 ドヴォルザーク:「ヴァイオリン協奏曲」 by パールマン;バレンボイム&ロンドン・フィルハーモニーOr.

相変わらず今以ってブラームスのヴァイオリン協奏曲に魅了され続けています。パールマンでブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴きたく求めたディスクのカプリング曲が、昔懐かしいドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲。LP時代のお気に入りの作品でした。パールマンが演奏するブラームスも気に入りました。またドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲も悦に入り耳を傾けている数日来です。          ドヴォルザーク:ヴァイオ...

Op.169 ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第10番 by シュターミッツ四重奏団

ドヴォルザークの弦楽四重奏曲は多くを聴くことがありませんでした。多分、シュターミッツ四重奏団のドヴォルザーク弦楽四重奏曲全集に出合うことがなければ数曲しか聴く機会がなかったようにも思います。過日のドヴォルザークの弦楽四重奏曲第9番に続いて第10番を聴いてみました。この1週間、毎日聴いていても飽きることなく聴けば聴くほど、この作品の虜になっています。日によって新たな発見や魅力が次々と。聴き込むほどに心惹...

Op.154 ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第9番 by シュターミッツ弦楽四重奏団

ドヴォルザークの弦楽四重奏曲全曲を聴きたいと思い始めてから 年月が経ってしまいました。 やっと、念願が叶いました。価格が財布に優しくなっていましたので全集を。 シュターミッツ弦楽四重奏団の演奏です。 こちらの四重奏団の演奏は初めて聴くものです。      ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲全集~シュターミッツ弦楽四重奏団                弦楽四重奏曲第9番 二短調 作品34             ...

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索