2014.11/23(Sun)

Op.264 シベリウス:「ヴァイオリン協奏曲」 by フランチェスカッティ;バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

いつもディスクを求める時には迷ってしまうのですが
BOXになると殊更に迷います。
いろいろ考え、迷い、独り言をしつつ・・・とても楽しい時間。
そのようにいつもと同じ経緯を辿り・・・手元に届いたのが
バーンスタインの協奏曲と管弦楽曲の全録音が収録された
レナード・バーンスタイン・エディションです 。

この数カ月来、ブラームスのヴァイオリン協奏曲をいろいろな
演奏で聴いてきました。
その中の一枚のディスク。
クレーメルとバーンスタイン&ウィーン・フィルの 
1982年9月ウィーン・コンツェルトハウスでのライヴレコーディングを聴き
強い印象を受けたのが運のツキだったようです。
その演奏を聴いていなければバーンスタイン・エディションを手にすることは
なかったようにも思います。

BOXが届き大好きな(大好きになった)ブラームスのヴァイオリン協奏曲
聴くつもりでディスクを取り出したものの、あとでゆっくり、じっくり耳を傾けることに。
カプリングになっているシベリウスヴァイオリン協奏曲を先に聴いてみました。
シベリウスで早々にストップをしてしまいました。
シベリウスばかりを繰り返し聴いて・・・・。
なかなかブラームスに移ることができない状態です。

シベリウスヴァイオリン協奏曲は数年前に他の演奏者で初めて聴きました。
特別、お気に入りの曲にはならなかったのですが
今回、改めて聴き・・・「こんなに良い曲だった?」と独り言です。
時を経て改めて聴いてみると曲に対する印象がとても変わることに
自分自身の事ながら驚いています。
前置きが長くなってきました。

               レナード・バーンスタイン・エディション
                 協奏曲&管弦楽曲全録音より
                 シベリウスヴァイオリン協奏曲


                264レナード・バーンスタイン・エディション

                        (収録曲)

              ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
              シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47

                 ジノ・フランチェスカッティ(Vn)
                 バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

              (録音:シベリウスヴァイオリン協奏曲
                           1963年1月15日)

          第1楽章:アレグロ・モデラート ニ短調 2分の2拍子
          第2楽章:アダージョ・ディ・モルト 変ロ長調 4分の4拍子
          第3楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ ニ長調 4分の3拍子


作曲されたのは1903年、シベリウス38歳の時だそうです。
1903年、初稿での初演の後1905年に
シベリウスはブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴いたことが発端となり
この曲の改訂をしたとのことです。
推敲を重ねて2年後の1905年に改訂されて今日の型になったそうです。
この時期の代表作として他に「悲しきワルツ」作品47があるとのこと。

門倉一朗氏によると
第2交響曲と第3交響曲の間に作られたこのヴァイオリン協奏曲は
後に見られるシベリウス独自の語法を十分に確立していないものの
萌芽は随所に現れている、とのことです。

また、シベリウスは若い頃にヴァイオリニストを志したとのことで
この曲でも楽器の能力を充分に駆使した華やかな演奏効果にも
欠けるものはない、とのことです。

              264Robert Kajanus
                      Robert Kajanus
               (1856年12月2日-1933年7月6日)

この作品を作曲した当時、シベリウスは1899年作曲の交響詩「フィンランディア」
などによってすでに独自の地位を築いていたそうです。
ヘルシンキ、ライプツィヒそしてパリで音楽を学んだ指揮者の
ロベルト・カヤヌスとヘルシンキ管弦楽団と共に
ヨーロッパ各地を演奏旅行しシベリウスの名声は国際的に認められる
ようになったとのこと。

1903年の初稿での初演は1904年にヘルシンキにおいて
ヴィクトル・ノヴァチェクのヴァイオリン、シベリウス自身の指揮で
行われたとのことです。
1905年に改作された改訂稿の初演は
同年1905年10月19日にベルリンに於いて
リヒャルト・シュトラウスの指揮
ヴァイオリン独奏はヨアヒム弦楽四重奏団の
一員であったカルル・ハリール(1859-1909)によって行われたそうです。


第1楽章の始まりは弦が小刻みに奏する中を
すぐに独奏ヴァイオリンが奏でる第1主題.。
曲の開始から琴線に触れる旋律に虜状態です。
暫し続く哀愁を帯びた独奏ヴァイオリンの調べ。
短いカデンツァノ部分では哀愁から華やかな旋律に。
そして暫し姿を消す独奏ヴァイオリン。
交響曲を想わせるオーケストラの重厚な響きとスケール感が
雄大な雰囲気を醸し出しているようです。
ゆったりと木管が奏する中、再び語り始める独奏ヴァイオリンは
暗く重々しい調べで。
オーケストラのトゥッティに移り沈黙をする独奏ヴァイオリン。
勇壮に闊歩するような趣のオーケストラ。
独奏ヴァイオリンのカデンツァでは花が舞うような華麗さ。
楽章の終わりに現れる主題。
落ち着いた調べを聴かせる独奏ヴァオリンとオーケストラ。
次第に力強くなるオーケストラ、そして加わるティパンニ。
勇壮な旋律の極みでしょうか。
速度が上がる独奏ヴァイオリンとオーケストラ。
躍動的なリズム。
突き進むような力を感じさせつつ終わる第1楽章。

クラリネットの優しい調べで始まる第2楽章。
独奏ヴァイオリンが現れて歌う主題の柔和で静かな調べ。
夢見るような旋律です。
夢から覚めるかのようオーケストラの登場での盛り上がり。
再び現れる独奏ヴァイオリンが奏する高揚する旋律を経て
穏やかさを取り戻す独奏ヴァイオリン。
オーケストラと独奏ヴァイオリンの暫しの語らい。
ヴァイオリンがゆったりと噛みしめるかのように調べを刻みつつ
静かに迎える楽章の終わり。

低音弦とティンパ二の印象的なリズムに始まる第3楽章。
このオスティナート・リズムが楽章全体を支配しているようで
曲の始まりから耳をそばだててしまいます。
第1主題を奏する独奏ヴァイオリンは活力を感じさせるようです。
リズムがコントラバスに移り舞曲を感じさせるリズミカルな第2主題。
ヴァイオリン群の切れの良いリズム。
力強いトゥッティを経て再び独奏ヴァイオリンの登場。
雄弁に華麗に活躍する独奏ヴァイオリン。
高揚するオーケストラ。高まる緊張感。
息を呑む思いです。
楽章に活気を与え覇気を感じさせるリズム。
華麗さと乱舞するようなリズムが生命を与えているようです。
このオスティナート・リズムが消え高揚感を漂わせつつ迎える曲の終わり。


曲が終わっても独特なリズムが暫し脳裏から離れません。
陽気な趣と緊張感、相反する2つの要素を感じる不思議なリズム。
第1楽章の哀愁と交響曲的なスケールの大きさ
夢見るような第2楽章
第3楽章でのエネルギッシュさ。
いずれの楽章も印象に残るものです。

今迄、バーンスタインのディスクを求めることはほとんどありませんでした。
前述をしたクレーメル、ウィーン・フィルとのブラームスの
ヴァイオリン協奏曲を聴きバーンスタインに対するイメージが
かなり変わってきました。
その演奏と同様にシベリウスのヴァイオリン協奏曲も
じっくりと耳を傾けることができるように感じられました。
肝心なフランチェスカッティを忘れるところでした。
どのような曲にも関わらず安心をして耳を傾けられるようです。

さあ、これでカプリングされているフランチェスカッティニューヨーク・フィル
念願のブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴き始められそうです。

こちらの80枚セットには曲目は目にしていても聴いたことがない作品が多く
収録されています。
苦手な作曲家の作品には尻込みをしてしまい
食わず嫌い が多い私にとっての未聴の作品との出合いも楽しみです。
初めて聴くことになる数多くの作品に挑戦してみたく思います。
果たして初めて耳にする曲の数々ですが、どうなることでしょうか。

                にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : シベリウス ヴァイオリン協奏曲 フランチェスカッティ バーンスタイン ニューヨーク・フィル

19:42  |  シベリウス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/28(Mon)

Op.6 シベリウスの交響曲byアシュケナージ

MUSIC BIRDの放送で楽しみにしているのが
日曜日の「オーディオ・ファイル」と
月曜日から金曜日、夜放送の「ニュー・ディスク・ナビ」です。
と言っても、関心のある作曲家、作品しか聴くことがないのですが。

「オーディオ・ファイル」担当は、大のお気に入りのオーディオ評論家の菅野沖彦氏。
読んだことはないのですが「ステレオ・サウンド」誌上で取上げられた優秀録音のCDを一枚一枚紹介。
オーディオの観点からの話ですので、いつも興味深く聞いています。

今回は、シベリウスの交響曲全曲を
アシュケナージ指揮、北欧のロイヤル・ストックホルムPO.の紹介でした。
指揮者、オーケストラへの関心よりも
大のお気に入りのエクストン・レーベルでしたので、
やはり「音」として興味がありました。

シベリウスの作品は時々、耳にはするのですが特に共感することなく・・・でした。
    「聴いてみたい!」と思う作曲家ではありませんでした。
ですが、シベリウスの作品に対する音楽愛好家のお話に出会うと
    素晴らしい作品みたいと
思い込み、惹かれるのです。
然しどうも、実際聴くまでに至らずでした。
交響曲の第2番がお気に入りという話を耳にすると
  「一体、どのような作品?」
と、先ずは興味が先立ちます。

と言うわけで、好奇心にそそられ今回シベリウスの交響曲全曲のオン・エアを機に。
菅野氏のお話は、あくまでも録音重視で本当に面白いです。
この番組を聞いていると菅野氏には
  いつまでもお元気で!
  楽しく面白い話をたくさん聞かせてください! 
と常々、願う日々になっています。
菅野氏が番組のエスコートでなければ聞くこともないような。



        シベリウス交響曲第2番



紹介されたCDは「シベリウス全集シリーズ」の4枚。
放送時間内で7曲の交響曲だけが紹介されました。
  
  第1集:交響曲第1&3番、組曲「恋する人」  OVCL 00279
  第2集:交響曲第4&5番 フィンランディア    OVCL 00282
  第3集:交響曲第2番 タピオラ トゥオネラの白鳥 OVCL 00292
  第4集:交響曲第6&7番 組曲「カレリア」    OVCL 00293
2006-7年、ストックホルム・コンサート・ホールでの録音。

菅野氏に依ると
録音場所のコンサート・ホールはデッドになってしまうそうです。
すべて江崎友淑氏をチーフ・プロデュサーとするエクストン・スタジオで編集、リマスタリングにより
整音され残響を加えての仕上がりになっているそうです。
殊に第4,7番は素晴らしい仕上がりとのこと。
シベリウスの作品の持つ空気の清涼感が発揮され
透明な温度差もよく表現された録音の仕上がり。
力強く、重厚なシンフォニーとしての風格が再現されている。

 第2番を聴く目的が・・・第2番は単なる音の羅列として耳を素通り。
第7番!・・・広大でメリハリのあるシンフォニーの世界に初めてシベリウスの作品に目覚めました。
ですが、まだまだシベリウスの「詩情」が伝わってこない自分の感性の鈍さを痛感しています。

デッドなホールでの録音も、確かに残響豊かに再現されています。
編集やリマスタリングのお陰で「良い音」で作品を堪能できるのは本当に嬉しいこと。
なのですが、録音をされたホールでの演奏が、そのままCDに再現さるのではなく、
人間の手を入れ、加工され・・・。
本来の演奏の「音」は、CD化された「音」以下?
音も人間の操作で如何様にも創り出されるこのご時世を喜んで良いものやら
という気もしてきます。

或るオーディオ・マニアのお話。
より良い音を求め、オーディオをグレード・アップし
探し求めている音が再生され
   「生より良い音がしている!」と。




にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

タグ : MUSIC BIRD シベリウス アシュケナージ 菅野沖彦 エクストン ステレオサウンド オーディオ オーディオ評論

19:57  |  シベリウス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |