♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Category [シューマン ] 記事一覧

Op.366 シューマン:「弦楽四重奏曲第3番」 by メロス四重奏団

ふとした時に、ふと聴きたくなる曲。その時々によって聴きたくなる曲は違いますが今回はシューマンの弦楽四重奏曲を、ふと聴いてみたくなりました。初めてシューマンの弦楽四重奏曲に耳を傾けたのは2年前になるかと思います。その当時のお気に入り順は第2番、1番、3番 だったようです。今回、じっくりと耳を傾け第3番がお気に入りの筆頭になりました。演奏はいつものメロス四重奏団で聴いてみました。弦楽四重奏曲をシューマン、ブ...

Op.354 シューマン:「おとぎの絵本」 by バシュメット&ムンチャン

今まで気にかけることもなかったシューマンの「おとぎの絵本」。バシュメットの演奏でシューベルトの「アルペジョーネ・ソナタ」を聴き終え次に流れてきた曲にハッと惹かれるものがありました。タイトルを見るとシューマンの「おとぎの絵本」と記載されていました。                 シューマン:「おとぎの絵本」         ユーリ・バシュメット~コンプリートRCAレコーディングより          ...

Op.336 シューマン:「子供の情景」 by エッシェンバッハ

昔々、初めてシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」を聴いたのはエッシェンバッハ&ケッケルト四重奏団でした。彼らの名前に懐かしさを感じて過日求めたディスクからです。お目当てはシューベルトでシューマンの「子供の情景」はオマケ的に思っていました。が、第1曲の「見知らぬ国」が流れてきた瞬間から耳を奪われてしまいました。「子供の情景」にじっくりと耳を傾けるのは初めてです。この曲集で知っているのは有名な「トロイメ...

Op.326 シューマン:「弦楽四重奏曲第1番」 by メロス四重奏団

過日、いつもお邪魔をさせていただくブログでシューマンの弦楽四重奏曲の記事を拝読しました。忘れかけていた手持ちのシューマンの弦楽四重奏曲全集を思い出しました。第2番はブログに綴ったのですが・・・第1,3番は「そのうちに」と思いつつ早くも2年が経ってしまったようです。残りの2曲、第1、3番にも今度はじっくりと耳を傾けてみました。今回は第1番。メロス四重奏団です。                 シューマン:弦...

Op.288 シューマン:「チェロ協奏曲」 by シュタルケル:ジュリーニ&フィルハーモニアO.

シューマンの作品にまた疎遠になっている月日です。「聴いてみたいなぁ」と思うのはいつもシューベルトやベートーヴェンそしてJ.S.バッハ。滅多に聴いてみたいとの思いを抱くことのないシューマンですが1年数ヶ月振りにシューマンを。有名曲でありながら耳を傾けることがなかったチェロ協奏曲です。手元にあるディスクを聴いてみて親しみ(?)を感じたのがシュタルケル;ジュリーニ&フィルハーモニアO. の演奏でした。今日はこの...

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

*翻訳*