♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Category [サン=サーンス ] 記事一覧

Op.298 サン=サーンス:「チェロ協奏曲」 by デュ・プレ;バレンボイム&ニュー・フィルハーモニアO.

前回、サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲に続いてチェロ協奏曲を聴いてみました。デュ・プレ;バレンボイム&ニュー・フィルハーモニアO.(1968年)シュタルケル;ジュリーニ&フィルハーモニアO.(1957年録音) の2種の演奏です。デュ・プレとシュタルケルの各ブックレットに記載をされている収録時間に「???」になってしまい聴く前から気分的に脱線。取り敢えずデュ・プレを主として聴いてみました。           ...

Op.297 サン=サーンス:「ヴァイオリン協奏曲第3番」 by メニューイン;G.プーレ&LSO

70回目の8月15日。時が解決する・・・とは言うものの残された方々の生涯癒されることのない涙と心身の傷。亡き多くの霊が今現在のこの国を見たら・・・どのように思われるのか、と例年、8月15日を迎えるとこの思いが強まります。用事をしていてもこの旋律が耳に入ると手が止まってしまいます。サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲の第2楽章。この曲に出合ったのは昨年の暮れ。最近、改めて聴き直してみて魅力に取りつかれ始めました...

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索