2017.04/08(Sat)

Op.382 メンデルスゾーン:「交響曲第1番」 by マズア&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

メンデルスゾーン交響曲第1番、聴くことがないまま年月が過ぎ去ってしまいました。
メンデルスゾーン交響曲全集を求めると交響曲第3番以降は聴くのですが
第1番、第2番は未聴のままです。

先日、ブログ仲間の御方がメンデルスゾーン交響曲第1番を
お取り挙げになられていらっしゃいました記事を拝読し
関心が湧いてきました。
早速、手持ちの全集からアバド&ベルリン・フィルで聴き好感を抱きました。
メンデルスゾーンとは縁の深いライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
マズア&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の全集も見つかりました。

お気に入りのマズア&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏で
「弦楽のための交響曲全集」が目的で求めてあったものです。
交響曲第1番をマズアゲヴァントハウス管弦楽団で。

                メンデルスゾーン:交響曲第1番
                クルト・マズア&ゲヴァントハウスO.
       メンデルスゾーン:交響曲全集、弦楽のための交響曲全集より

             382:交響曲全集、弦楽のための交響曲全集 クルト・マズア&ゲヴァントハウス管弦楽団
                         (収録曲)
             メンデルスゾーン:交響曲第1番ハ短調 Op.11
                         交響曲第5番ニ短調 Op.107「宗教改革」

                   クルト・マズア指揮
                   ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
                    (録音:1989年4月 ライプツィヒ)

            第1楽章:Allegro di molto ハ短調 4/4拍子
            第2楽章:Andante 変ホ長調 3/4拍子
            第3楽章:Menuetto:Allegro molto ハ短調 6/4拍
            第4楽章:Allegro con fuocoハ短調 4/4拍子


曲は1824年に入り間もなく着手され、同年前半には書き上げられたそうです。
メンデルスゾーンが15歳の誕生日を迎えた前後に書かれた作品とのこと。
この当時のメンデルスゾーンは後年とは違い
作風を積極的に変化させていたそうです。

「交響曲第1番」とされているこの曲、実際には13番目の曲に当たるそうです。
長くなりますが・・・・。
メンデルスゾーンの最初に出版された交響曲は
この曲、ハ短調作品11だったそうです。
その際には草稿に「交響曲第13番」と記されていたとのことです。
19世紀後半にメンデルスゾーン作品全集が刊行される際に
ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社は
メンデルスゾーンが初期に作曲した12曲、現在「弦楽のための交響曲」と
呼ばれている12曲に対し草稿の紛失、習作、或いは試作的なものとの観点から
それら12曲は無視され作品11に「交響曲第1番」と記されたとのことです。

初演は1827年2月1日、ライプツィヒにおいて
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団により行われたそうです。
指揮は1810年から1827年にかけて、このオーケストラの常任指揮者を務めた
ヨハン・フィリップ・クリスティアン・シュルツとのこと。
尚、この初演の後1829年5月25日にメンデルスゾーンは初めて訪英をし
ロンドンのフィルハーモニック協会の演奏会でこの曲を指揮し
大成功を収めたそうです。
この時の演奏では第3楽章のメヌエットの代わりに1825年作曲の
「八重奏曲」からのスケルツォを自身が管弦楽に編曲したものを
挿入したとのことです。
以来、このスケルツォ楽章を持つ形で演奏されることも多かったそうですが
やがて元来のメヌエットを置く演奏が普通になったとのことです。

曲はロンドンのフィルハーモニック会に献呈。
この事由もありメンデルスゾーンは1829年に協会の名誉会員に選出されたそうです。 
曲の草稿も協会の図書館に保存されているとのこと。


初めてマズア&ライプツィヒ・ゲヴァントハウスO. で聴く
メンデルスゾーンの交響曲第1番

颯爽とした雰囲気の第1主題で始まる第1楽章。
ティンパニも加わり覇気に溢れ活力を感じる主題。
第2主題ではヴァイオリンと木管の軽やかな美しい調べ。
この楽章を聴いていると希望に溢れた前途洋々な気持ちになります。
輝くばかりの明るさ、溌剌とした活発さ。
意気揚々と歩むような雰囲気で。
力強く覇気を感じさせつつ閉じられる第1楽章。

穏やかに厳かな趣で始まる第2楽章。
柔和で美しい旋律が印象深い第1主題。
木管が主体となり奏される田園の穏やかさを想わせる第2主題。
柔和で美しい調べ。
弦と木管が優しく応答をする楽章でしょうか。
木管で穏やかに閉じられる第2楽章。
お気に入りの楽章になりました。

第1楽章と似たような趣の主題で始まる第3楽章。
中間部で主奏をする木管、弦は伴奏のように。
厳かな雰囲気に包まれているよう。
中間部を経て弦と木管が克明に刻むリズムが溌剌とした感じ。
悠然とした趣で閉じられる第3楽章。

流動的な旋律の第1主題で始まる第4楽章。
ティンパニやトランペットが加わり勇壮な趣を醸し出しているよう。
突然、静かになり終える展開部。
弦のピッツィカート、奏する木管たちに加わるティンパニ。
炸裂するような明朗感でしょうか。
ティンパニの連打、吹奏されるトランペット。
華やかに活力を伴い閉じられる曲。


溌剌と、活き活きとして15歳のメンデルスゾーンの
意気込みを感じるような曲でしょうか。
この曲から受ける印象とは隔絶な状況を迎える後年のメンデルスゾーン。
メンデルスゾーンに降りかかる多々の出来事が脳裏に浮かんでしまいますが。
それはさて置き、清々しい気分で曲に耳を傾けていました。
この曲に出合うことができ足取りが軽くなるような気分。

マズア&ゲヴァントハウスO. の演奏を聴きつつ
旋律に垣間見る美しさ。
メンデルスゾーン特有の(「具体的にどのような?」と尋ねられると返答ができないのですが)美しさに惹かれます。
予想をしていた以上に気に入った第1番。
未聴の第2番も楽しみになってきました。

                 
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : メンデルスゾーン 交響曲 マズア ゲヴァントハウス管弦楽団

20:20  |  メンデルスゾーン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |