FC2ブログ

2017.12/30(Sat)

Op.420  2017年 出合ったCDたちに ありがとう!

一年を振り返り昨年、最後の記事を読み返してみました。
例年、書き出しも同じようで・・・。

2017年、今年もいろいろなディスクたちに出合うことができました。
そして今年もまた、ブログ友達(勝手に思っている)のブログを拝読させていただいたり、お寄せいただいたコメントを通し、年毎に音楽の世界が拡がってきているように思います。
好きな作曲家、好きな作品ばかりを飽きることなく聴くことが多く、狭い音楽の世界の住人ですが、ブログの存在が音楽の世界を広めてくれています。

嘗て聴いた作品でも、「こんなに良い曲だったかしら?」と再認識をすることも多くなりました。
当拙ブログに綴った作品であっても、ふとした機会に聴いてみると、取り上げ綴った時よりも一層、曲が素晴らしく耳に伝わることもしばしばになりました。

今年、出合うことができたディスクたちで心に残ったものを、思いつくままに順不同で次に。

筆頭はハイフェッツの コンプリート・ステレオ・コレクション です。
415:ミクロス・ロージャ:ヴァイオリン協奏曲 ハイフェッツ

Box を求めると気に入っている作品ばかりを先に聴いてしまい「後は、またゆっくり」というのが毎度のパターンです。
その後は・・・時々、想い出したように Box を取り出して聴いたりすることが多く、Box の全てのディスクを聴くことは滅多にない有様。
例外がこのハイフェッツです。
私にとっては珍しく届いてから連日、次々とディスクを取り出しては聴いておりました。
このBox の収録曲で久し振りにシューベルトの大のお気に入りの「ヴァイオリンとピアノのための幻想曲」D.934 を耳にして、この曲に対する熱が再燃してきました。
こうなると、手持ちにないディスクの他の演奏家でも聴きたくなってしまいます。
ショップ・サイトでのディスク探し。
そして求め・・・数種のディスクを入手しては聴き入ってしまいます。
ハイフェッツの演奏を機にシューベルトの「幻想曲」D.934 をしばしば聴くこの頃。
やはりハイフェッツの「幻想曲」 が今の私のベスト盤のようです。
シューベルトの曲に話が逸れてしまいました)
収録されているディスクのほとんどの演奏がお気に入りになった Box です。

今年は昨年以上にベートーベンの作品とのお付き合いも多くありました。

ハンガリー四重奏団~ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集
389:ベートーヴェン弦楽四重奏曲第16番ハンガリー四重奏団(1953)全集

この数年来、ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集をいろいろ聴いてきました。
印象深い演奏、現在のお気に入りはハンガリー四重奏団の全集です。
昨年はズスケ四重奏団だったようです。
ズスケ四重奏団に今年、新たにハンガリー四重奏団が加わりました。

ベートーヴェンが続きます。

ケンプ~ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全集
418:ベートーヴェン ピアノソナタ第13番 ケンプ~ピアノ・ソナタ全集

長年、苦手意識を抱いていたベートーヴェンのピアノ・ソナタが身近に感じられるようになった年でした。
昨年よりも、また一歩、身近に感じられるようになったようです。
大好きなベートーヴェン(シューベルトとブラームスも)でありながら最後まで苦手意識を払拭できなかったピアノ・ソナタ
昨年はアラウの全集がお気に入りになっていました。
とは言え、全曲を聴いた訳ではなく関心のある曲だけを聴いておりました。
最近は全集の一曲一曲に耳を傾けるようにもなってきました。
当拙ブログも気が付けば「ベートーヴェンのピアノ・ソナタを聴くシリーズ」(続行中です)になっておりました。
目下、ベートーヴェンのピアノ・ソナタに熱中状態です。
こうなると一目散になり突っ走ってしまう自分の性格。
いろいろなピアニストの演奏で聴きたい・・・ブログ友達がブログで記事になさっていらして気になっていた、コワセヴィッチとリチャード・グードの全集も届き耳を傾け始めたところです。
2つの全集を聴き終えるには、年を跨ぎまだまだ先になりそうな気配。
一応、現在のお気に入りの全集は昨年出合ったアラウ(1960年代録音)、そして今年出合ったケンプの全集です。

今年は珍しくモーツァルトのディスクも印象に残っています。
クラリネット協奏曲の虜になった年でした。

モーツァルトクラリネット協奏曲
        by
ライスター(Cl)、カラヤン&ベルリン・フィル
395:モーツァルト:クラリネット協奏曲 ライスター、カラヤン&ベルリン・フィル

この作品もまた「こんなに良い曲だった?」の口癖が出ました。
モーツァルトの作品で特に管楽器のための作品のディスクを主として求め
例年になく一気に耳を傾けた年でした。

駆け足で振り返った2017年。
まだまだ印象に残ったディスクがあり、ジャケットが脳裏にひしめいています。

今年も お世話になりました。
そして、ありがとうございました。
来る年もどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ 良いお年をお迎えくださいますように。

             
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : ハイフェッツ ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 ピアノ・ソナタ シューベルト モーツァルト クラリネット協奏曲

19:23  |  一年のまとめ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT