♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

Op.64 レハール:オペレッタ「微笑みの国」全曲 by アッカーマン

顔で笑って、心で泣いて・・・。
これ程までに、悲痛なオペレッタがあるものとは・・・。
オペレッタがこれ程までに、感銘を与えてくれるものだったとは・・・。
強く心に残るオペレッタになりました。
レハールの「微笑みの国」。

          
         フランツ・レハール:オペレッタ「微笑みの国」全曲
                     by
         アッカーマン;シュワルツコップ&クンツ&ゲッダ


              レハール「メリー・ウィドウ」アッカーマン

             
              リーザ:エリザベート・シュワルツコップ(S)
              スー・ホン皇太子:ニコライ・ゲッダ(T)
              グスタフ:エーリッヒ・クンツ(T)
              ミー:エミー・ローゼ(S)
              チャン:オタカール・クラウス(Br) 他

              オットー・アッカーマン指揮
              フィルハーモニア管弦楽団&合唱団
                 (録音1953年)


舞台作品で30を越す作品を書いたオペレッタのプッチーニことレハール。
その作品で第一次世界大戦後の作品「パガニーニ」以降は、
オペレッタのハッピー・エンドとの常識を破ったものが多く、
結末を悲劇にしているとのことです。
こちらの「微笑みの国」もまた然り。

レハール伝の著者、マリア・フォン・ペテアー二は、
「オペレッタに涙を入れたのはレハール」と記述をしているそうです。
また、日本オペレッタ協会を設立(1977年)した寺崎裕則氏に依りますと、
 
 「人間を描こうとすれば必ずしもハッピー・エンドで終わらないものもある。
  それを無理してハッピー・エンドにしたら作り物になる。
  芸術に嘘があってはならない。かといって、ありのままでもいけない。
  嘘を真にするのが芸術である。
  芸術は虚と実の間にある。
  『虚にして虚にあらず、実にして実にあらず、この間に慰みがある』のだ。
  慰みとは舞台芸術のこと。」
           (寺崎裕則著:「魅惑のウィンナ・オペレッタ」より引用)


旧作の「黄色いジャケット」はあまり評判にならなかったとのこと。
プッチーニの影響を受けていたレハールの魅力的な音楽を葬り去られることを惜しんだ、
「フリデリーケ」の台本作者であるフリッツ・レーナー・べダ博士の勧めに依り、
「黄色いジャケット」が改作され「微笑みの国」として誕生したそうです。
その際に、当時、ベル・カントの王様と称されたリヒャルト・タウバーに合わせた新しい曲、<君こそわが心のすべて>が加えられ全面的に改作されたとのこと。
有名な<君こそわが心のすべて>、また<いつも微笑みを>は、
リヒャルト・タウバーの歌で、当時ラジオが普及したヨーロッパ中の家庭で親しまれたそうです。
<君こそわが心のすべて>の作曲経緯をまったく知らずに、
かつてはカレーラス、最近ではタウバー、ヴンダーリヒのCDで耳にしておりました。

「微笑みの国」・・・初めて全曲を聴きまして、
口ずさむことができるような、親しみのある旋律が多く、
また、またお気に入りの作品の仲間入りになりました。
どの歌も素晴らしいものばかりです。
キャストは以前取り上げさせていただきました「メリー・ウィドウ」と同じメンバーです。
シュワルツコップ、クンツ、ゲッダは私にとりましては、
レハールのオペレッタのベスト・キャストになりました。


また、いつものように虎の巻からの引用などを備忘録的に。

【初演】1929年10月10日 ベルリン・メトロポール劇場
【原作・台本】原作:ヴィクトール・レオンの台本、レハール「黄色いジャケット」
      (1923年2月4日、ウィーンで初演)を、ルドヴィヒ・ヘルツァと
       フリッツ・レーナーに依る新台本と詞の改作
【時と場所】1912年。ウィーン、及び北京
【主な登場人物】
    フェリディナンド・リヒテンフェルス伯爵:陸軍中将
    リーザ:リヒテンフェルス伯爵の娘
    グスタフ・フォン・ポッテンシュタイン伯爵:竜騎兵中尉
    スー・ホン:中国皇太子(外交官と記述されているものもあり)
    ミー:スー・ホンの妹
    チャン:スー・ホンの伯父
【物語】

第1幕 ウィーンのリヒテンフェルス伯爵邸のサロン

 リヒテンフェルス伯爵の令嬢リーザが馬術大会で優勝した祝賀会。
幼なじみの竜騎兵中尉のグスタフ伯爵が祝辞を述べる。
人々が去った後、りーザは一人ピアノを弾きつつ、会ったばかりの中国皇太子スー・ホンを思い出している。
そこへグスタフが現れ、リーザは結婚を申し込まれるのだが、
「ずっといいお友達でいましょうよ」とはぐらかしてしまう。
訪ねて来たスー・ホンが誰もいなくなったサロンで、
「どんなに苦しくても悲しくてもいつも微笑みを浮かべ」と<いつも微笑みを>を歌う。
スー・ホンの来訪を知って食堂から出て来たリーザ。
リーザとスー・ホンの二重唱<二人でお茶を>が楽しく歌われる。
食事が終わって大広間に戻ってきた一同はスー・ホンに東洋の話をせがむ。
ウィーンの女性たちは故郷の中国では殿方が恋を伝えるにはどうするのかと聞く。
スー・ホンが<リンゴの花の冠>をに情熱を込めて歌う。
この時、中国大使館の書記官からスー・ホンが本国の皇帝に任命されたので翌朝に出発と伝える。
彼はただちに帰国しなくてはならない。
リーザは彼に愛を打ち明け、ともに中国へ行きたいと申し出る。
スー・ホンは、自分が異国人であることや、彼女を生活風習の異なる国へ連れて行くことに躊躇いを抱く。
が、リーザの愛の強さに感動する。
スー・ホンとリーザの二重唱で<リンゴの花の冠>を歌う。

第2幕 北京 スー・ホン皇太子宮殿の広間

 スー・ホン皇太子が皇帝陛下となる“黄色の上着”授与式が叔父のチャンより行われている。
しかし、妻のリーザが同席し栄誉を得ることはできないことが、彼女は不可思議であり不服でもある。
二人は中国に来てからの夢のような日々を思い出して、
スー・ホンとリーザの二重唱<愛を胸に刻みつけたのは>を歌い愛を確かめ合う。
 スー・ホンの妹ミーがテニス姿で現れる。
古い慣習の宮中で兄から西欧の息吹を受けたミーが歌う<青い塔のサロンでは>。
そこへ、大使館の竜騎兵中尉として赴任してきたグスタフ伯爵が現れ、ミーに魅せられる。
グスタフ伯爵とミーが、<僕の愛は、君の愛>を歌う。

 スー・ホンの伯父チャンは、この国の欧化を懸念する。
彼はスー・ホンに、この国の慣習に従って四人の自国女性を妃にし、リーザを帰国させようとする。
チャンは今夜、結婚式を行うことを告げる。
スー・ホンは嘆きつつも、自国の慣習であり掟に従う他はない。
スー・ホンは自分の愛情と心はすべてリーザのものと、有名な<君こそわが心のすべて>を歌う。
  
 チャンはリーザにスー・ホンが四人の妻と結婚することを告げる。
結婚式が終わればリーザは居場所を失うと話す。
リーザには大きな侮辱。
居合わせたグスタフは帰国を勧め手伝いを約束して去る。
リーザは故郷ウィーンを想い<今一度ふるさとを>を歌う。
スー・ホンが来てリーザに結婚は形式だけであり、リーザへの愛は変わらないと話す。
が、リーザには理解できない。
二人は応酬の末、スー・ホンが部下を呼び「妃を閉じ込めておけ」と命じる。
スー・ホンは一人、「君こそ私の心のすべてだった」と過去形で悲しみの心を歌う。

第3幕 スー・ホンの宮殿の後宮
 
 後宮に軟禁されてしまったリーザ。
グスタフはミーと共に、リーザの逃走を助ける。
ミーはリーザとグスタフの脱出を助けるべく寺院の前まで来る。
しかし、スー・ホンが立ち塞がる。
スー・ホンはリーザへの変わることのない愛で、グスタフにリーザを故郷に届けるようにと頼む。
リーザはスー・ホン、そしてミーに感謝しグスタフと共に去る。
そして、スー・ホンが涙を浮かべるミーを引き寄せて、
故郷に帰るリーザとグスタフを見送り、歌う<いつも微笑みをたたえ>で迎える終幕。
  
         

このオペレッタで心に残るのは・・・どの歌も充実した素晴らしいものばかりで選ぶのが難しいのですが。
その中から特に次の4曲を。

第1幕でスー・ホンが歌う<リンゴの花の冠>
  
  「春、四月、りんごの花で冠を作り
   月の明かりの降り注ぐ恋しい人の窓辺に置いて
   熱い想いを歌に乗せれば、月琴は涼やかな銀の音色を響かせる
   あなたは人生の甘い夢 あなただけが私の女神
   りんごの花のようなあなたの唇 ビロードの春の宵のようなあなたの髪
   四月の夜があなたの頬をバラ色にし その香りが私を優しく包む」
スー・ホン役のゲッダの優しく甘美な歌声で歌われ、崇高とも感じられる思いに溢れているようです。

第2幕で、グスタフとミーが歌う<僕の愛は 君の愛>
 
   「僕の愛と君の愛は、二つが一つ、ぴったり重なる
    誰もが持つのは、一つの心と一つの天国・・・」
親しみ、愛着を感じる曲で、グスタフ役のゲッダ、ミー役のエミー・ローズも、
意気投合して歌っている様が浮かぶようです。
この歌は、ウィーンの子供であれば皆、知っている歌だそうです。


同じく第2幕、スー・ホンが歌う<君こそわが心のすべて>
一般的には<君こそわが心のすべて>との邦題で有名ですが、
先日の「歌曲つれづれ話」のPianistinさまの邦題、
   <僕の心のすべては君のもの>
を拝読し自然に心に伝わるタイトルで、響きも柔らかく気に入ってしまいました。
一部引用をさせていただきたく思います。
  
   「僕の心のすべては君のものだ!
    君がいなければ、僕は生きられない。
    花が日の光から口づけを受けなければ
    枯れてしまうように。
    僕の詩の中で一番美しい詩は君のものだ。
    その詩を花開かせるのは、愛以外にないのだから。
    僕にもう一度言っておくれ、ただ一人の恋人よ、
    ああ、僕にもう一度言っておくれ、
    あなたを愛している!と」
 (詳細はPianistinさま発行のメルマガをご参照ください→「歌曲つれづれ話」

  Pianistinさま、ご紹介のヴンダーリヒの<僕の心はすべて君のもの>です




さて、続きまして第3幕、最後にスー・ホンが歌う<いつも微笑みをたたえ>。
第1幕で歌われる以上に、この終幕で歌われるのは悲痛さがひしひしと伝わります。
むせび泣くような、か弱いヴァイオリンの音色が、スー・ホンの悲痛さをより強く感じさせるようです。
  
  「どんなに辛くても泣いてはいけない。
   リーザには私たちの心が通わなかったけれど、
   リーザを幸せにしてあげよう。
   どんなに悲しくても、運命のままに、
   いつも微笑んで耐えて行こう。
   秘めた心をだきしめて!」


以上の他にも、どの曲にも共通するのは愛着を感じさせ、
また親しみも抱くことのできる素晴らしい歌のオン・パレードです。
物語としても、音楽的にも、今まで聴いてきましたオペレッタとは一線を画しているようです。
「微笑みの国」は「メリー・ウィドウ」以来のヒット作とのことですが、
「メリー・ウィドウ」を凌駕する素晴らしい作品との思いが深まりました。
これからは、レハールの作品でお気に入りの筆頭は、この「微笑みの国」になりそうです。


                         ぱたぱた:bird2すずめ(左)S
                   にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

Comment

Re: レハール、いつかは聴いてやります

burleskeさま、こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます。

「微笑みの国」は、歌だけで楽しめる、そのようなオペレッタかと思います。
最近は粗筋を読み、備忘録的にも記事に綴ったりしまして、
作品を聴くと、それなりに伝わってくるものがあるような気がしています。
LPですと対訳とニラメッコをしつつ聴き、うっかりと耳に入る歌詞と目で追う対訳が合わなくなったりすると一大事でした。
まして、ソリストの発音が悪い時など最悪の事態も。
アリア一つを探すのにも、レコード盤の溝とニラメッコをして・・・探しているアリアを再生するだけで大仕事になりましたり。
でも、CDになりましてからは、本当にオペラやオペレッタは聴き易くなりましたね。
探しているアリアもすぐに分かるのですから。
最近は、輸入盤の方が種類も多いですし、国内盤では決して入手できないオペラ作品も多く、結構満足できるようになりました。
輸入盤の方がお財布にも優しいですし…助かります〜。(^^♪
  • posted by lumino
  • URL
  • 2010.09/16 19:46分
  • [Edit]

レハール、いつかは聴いてやります

こんばんは〜

レハールのオペレッタ、いつかは聴いてみたいと思いながら、未だに聴いておりません。せいぜいワルツ集くらいです。
「メリー・ウィドウ」はマタチッチの国内盤が廉価ででたら購入しようと思っているのですが。なかなか発売してくれそうにないですねぇ。
オペレッタでも歌詞がわからないと落ち着かないのです。歌だけで楽しめたら、輸入盤で購入するんだけどなぁ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索