♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

青木やよひ著:「ゲーテとベートーヴェン」~巨匠たちの知られざる友情

明日は早いもので立春。
春に因む音楽を聴いてみたい気分になります。
が、今日は本のお話です。

ベートーヴェンの名前に惹かれまして
この本を入手してみました。
ゲーテは歌曲を聴く上で欠かすことができない存在でもありますし。
また副題の 知られざる巨匠たちの友情 に興味が湧きました。
ベートーヴェンゲーテとの友情とは?
興味津々で手にした書籍です。

読後の感想は
  この本に出合って素晴らしい時間を過ごすことができました
  気持ちが温まるようです


        青木やよひ著:「ゲーテとベートーヴェン」

                 (2004年初版 平凡社発行)



「あとがき」に
著者はゲーテベートーヴェン両巨匠の関係を詳しく跡付けることが
著作の動機であると記されています。

ゲーテベートーヴェンの関わりについては
通説が誤って伝承されていることにも触れられています。
ゲーテベートーヴェンの関係を多くの資料を駆使して
通説の誤謬を訂正され開眼させられるものがありました。

「真実」を追求する青木氏の鋭い眼力。
この本の底流には
ゲーテとベートーヴェンに対する青木氏の温かい眼差しと洞察力が
終始一貫して感じられました。

ゲーテとベートーヴェンの共通項や
或いは相反することが
第1章、その生い立ちから始まります。

ゲーテとベートーヴェンについて均等に書かれています。
それぞれについて詳細且つ分かり易く記述をされています。
新しい発見が多く
まるで推理小説ででもあるかのように引き込まれてしまいました。

「言葉の音楽家」ゲーテ
「音の詩人」 ベートーヴェン
ゲーテとベートーヴェンが互いに尊敬し信頼し
如何に心を惹き付け合っていたのかを初めて知ることができました。


今まで自分が抱いておりました印象が変わるものもありました。
ベートーヴェンにつきましては
今まで触れることのできなかった素顔のようなものを感じました。

この本の中で特に興味を惹かれましたのは
やはり音楽に関することです。
第5章「両巨匠をつなぐもの」~『ヴェルテル』と『悲愴』の同時代性
に於いての記述は次のようなものです。

ゲーテの『ヴェルテル』とベートーヴェンのピアノ・ソナタ『悲愴』の共通点を挙げられています。
ゲーテ24歳の時の作品『ヴェルテル』に関しては
青春の情念を結晶させたもの。

一方、ベートーヴェン28歳の時に作曲された『悲愴』について
青木氏の文章を引用させていただきますと。

  「運命と格闘しながらその重みに耐え抜こうとする英雄的な悲愴感と
   その果てに生まれた諦念にも似た静かな内的沈潜の世界」

二つの作品の共通として
   「人間の情念や内的ドラマを芸術作品として表現した画期的な試み」
と記述されています。

この本を通しまして
単にベートーヴェンだけではなくゲーテにつきましても
精神性に触れることができる貴重な機会にもなりました。

そしてまた、
ベートーヴェンの素顔ともいうべきものに触れることができ
心が和むエピソードも幾つか。
本の終りに近い第9章「二つの世界の交響」の中に綴られているエピソードです。

ベートーヴェンがどれほどゲーテを重んじていたのか。
そのエピソードの一つ。
ベートーヴェンの「会話帳」から1819年
宮廷顧問官でベートーヴェンが甥の後見人を依頼し
信頼していた友人のペータースとの会話です。
ペータースがゲーテを非難するようなことを言ったようです。
ベートーヴェンは
  「相手が誰であろうと、ゲーテの悪口を言うことを潔しとしなかった」
とのことです。

二つ目のエピソードは
同じく1819年7月にゲーテの腹心の友であり
ベートーヴェンの心酔者ツェルターがウィーンを訪れ
ベートーヴェンに会いたいとの念願を抱き消息を訪ね回ったそうです。
やっと、9月になりウィーンに向かっていたベートーヴェンと偶然の出会い。
ツェルターはベートーヴェンの一部始終をゲーテに報告をしたとのこと。

また、それ以降ベートーヴェンに音楽家として便宜を図ってくれたツェルター
ベートーヴェンは過分な感謝を表したことについて青木氏は
   「ツェルターがゲーテの友人だったからかも知れない」
と推測をされています。
このエピソードに心情の厚いベートーヴェンの素顔を見る思いがしました。

三つ目のエピソードには微笑ましさを感じてしまいました。
当時パガニーニのライヴァルとして人気があったヴァイオリニストのブーシュとのエピソードです。

1822年にブーシュがベートーヴェンに会いたいと
20通もの紹介状を用意してウィーンに来たそうです。
ベートーヴェンが不在とのことでメイドに紹介状の一通を渡して帰る。
ブーシュはベートーヴェンに会うことが叶わない。
その繰り返しの日々
ベートーヴェンの手元には
公爵や王子など錚々たる署名の紹介状が溜まったそうです。
が、ベートーヴェンは意にも介さなかったようで。
  
   「ところがある日、16通目の署名を目にした途端に
    彼は帽子をつかんで気が狂ったように部屋を飛び出した。
    そこに、ゲーテの名前があったからだ。」

そしてベートーヴェンは夢中でブーシュを探しまわったそうです。
ブーシュに会えたベートーヴェンは彼の首に抱きついて言ったとのこと。
  
   「ゲーテがあなたについて書いてよこしたのです。
    あの人はあなたを愛し、あなたを認めています。
    ですから、私にはあなたの力量を試すために、
    弾いていただく必要はありません。」

ベートーヴェンのゲーテに対する全面的信頼に心を動かされました。
ブーシュを探しまわるベートーヴェンの姿に思いを馳せ
まるで少年のような心を微笑ましく感じました。
あまりにも微笑ましくて悲しいくらいに。

因みに、ベートーヴェンはブーシュに自作の作品を弾いて聴かせたそうです。
ブーシュが別れ際に記念の楽句を書いて欲しいと願い差し出した五線紙に
ベートーヴェンは即興の楽想を書き留めたそうです。
その曲は、ヴァイオリン小曲として現在も残っているとのことなのですが、
それ以上の言及がありませんでした。
このヴァイオリン小曲は一体?・・・聴いてみたいものです。

また、ブーシュに対するベートーヴェンの歓迎ぶりは異例中の異例とのことで
ウィーンの音楽界で評判になったそうです。
ブーシュからその様子を聞いた友人のメンデルスゾーン。
1年前にはゲーテの家でベートーヴェンの手稿譜を演奏したメンデルスゾーンが
様子をゲーテに手紙で知らせたとのこと。

ゲーテとベートーヴェン
二人の巨匠は実際に会う機会以外にも
各々、周囲の友人たちを介して互いの動向を知り得ることができ
友人たちが巨匠たちの友情の重要な架け橋でもあったのでしょう。

ゲーテ そして ベートーヴェン
その素顔を垣間見ることができる好ましい書籍でした。



                         ぱたぱた:bird2すずめ(左)S
                   にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

Comment

Re: NoTitle

colorkoさん、こんばんは〜。
コメントをありがとうございます。

本当に素敵な内容の本でした。
この本との出合いで音楽鑑賞よりも読書の方が糧になるような気持ちに・・・。
心の中に或る種の変化を与えてくれる本・・・のような。

> 他の人を認めるって素晴らしいと思います
本当にその通りなのですね。
なかなか「人」は「人」を認めないような・・・は悲しいですよね。
ゲーテとベートーヴェンのような巨匠ではなくとも
誰もが、人が人を認める って本当に素晴らしいですね!

> 同じ時代に生きるって実はとても奇跡なのかも
> 知れません
colorkoさんのコメントを拝読して
気付かなかったことに気付かされました。
音楽の巨匠と文学の巨匠・・・本当に奇跡だったのですね。
コメントを拝読し本の内容に一歩踏み込むことができたようです。
  • posted by lumino
  • URL
  • 2011.02/07 20:45分
  • [Edit]

NoTitle

とても素敵な本に出会うことができて
良かったですね
他の人を認めるって素晴らしいと思います
素晴らしい才能を持った者同士だからこそ
理解しあえることもあったのかもしれませんね
同じ時代に生きるって実はとても奇跡なのかも
知れません
  • posted by colorko
  • URL
  • 2011.02/07 18:25分
  • [Edit]

Re: ゲーテは名前しか知りません

burleskeさま、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

ゲーテの作品で一番有名なのはグノーの『ファウスト』でしょうか。
まだ聴いたことはないのですが。
いろいろな音楽家がゲーテの作品を取り上げているのですね〜。
  • posted by lumino
  • URL
  • 2011.02/04 19:42分
  • [Edit]

ゲーテは名前しか知りません

こんばんは。

ゲーテとベートーヴェン、そこまで強い信頼関係があったんですねぇ。これは勉強になりました。

ゲーテの作品は他の作曲家にもかなり影響を与えているみた
いですね。(『ファウスト』とか)
ゲーテの作品、一度くらいは読んでみたいもんですが、まぁ読まないでしょうねぇ・・・
  • posted by bulreske
  • URL
  • 2011.02/03 21:19分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索