♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

Op.134 シューベルト:「ミニョンの歌」D.321~『ご存知ですか、レモンの花咲く国』 by バーバラ・ボ二―;エリー・アメリンク

シューベルト歌曲ミニョンの歌」D.321 は
『ご存知ですか、レモンの花咲く国』または『君よ知るや、南の国』の
邦訳であまりにも有名ですが
未だ嘗て、じっくりと耳を傾けたことがありませんでした。
今回、バーバラ・ボ二―とエリー・アメリンクのソプラノで聴いてみました。
特に親しみを感じる旋律ではないのですが
繰り返し聴くうちに、いつしか心を捉えられてしまっている
そのような歌曲のように思われます。

ゲーテの長編小説「ウィルヘルム・マイスターの修業時代」から
ミニョンに関する歌でシューベルトの付曲は次の5つでしょうか。

ミニョンの歌D.321 『ご存知ですか、レモンの花咲く国』
ミニョン  D.877-1『ただ憧れを知る人だけが』
ミニョンの歌D.877-2『語らずともよい、黙っているがよい』
ミニョンの歌D.877-3『もうしばらくこのままの姿に』
ミニョンの歌D.877-4『ただ憧れを知る人だけが』        


ゲーテのこの『ご存知ですか、レモンの花咲く国』は
「ウィルヘルム・マイスターの修業時代」の第3巻の冒頭に載っているそうです。
1783年11月初めまでには完成していたとのこと。
ミニョンに関するでは
このだけが物語として分類されているそうです。

イタリア貴族出身のミニョンは幼い頃に誘拐され
北国ドイツで旅の一座の踊り子をしている薄幸の少女だそうです。
このはマイスターに対する可憐なミニョンの気持ちを詠ったものとして有名とのこと。
ミニョンがマイスターを思う気持ちを抱きつつ
生まれ故郷イタリアに憧れて歌う曲。

ベートーヴェン、シューマン、ヴォルフも付曲をしているそうです。


シューベルトの付曲は1815年10月23日。
3節の有節形式。
「中庸の速さ」での指定。
ヘ長調 2/4拍子  とのことです。


ミニョンに関してゲーテのことになりますが。

ゲーテはワイマール公国の行政責任者のトップの地位にあった1786年9月3日。
37歳の秋に保養地として知られるボへミヤのカールスパートを密かに抜け出し
昼夜兼行で馬車を乗り継ぎ9月8日にブレンナー峠の上に着いたそうです。
やっと一つの 休止点、願ってもない静かな場所 に到着して
峠の駅舎に一泊したとのこと。

幼い頃からのイタリアへの憧憬が、やっと実現した2年間のイタリア旅行の開始。
ゲーテは数年来、病的な憧れを抱いていたローマに1796年10月29日に到着。
若いゲーテは、イタリアの地を踏むよりもずっと以前に
小説「「ウィルヘルム・マイスター」に登場させた哀れなイタリア少女ミニョン。
彼女に歌わせた歌がこちらの『ご存知ですか、レモンの花咲く国』。
歌によってミニョンの内面を如実に表現しているそうです。



             バーバラ・ボ二―~シューベルト歌曲

            バーバラ・ボ二―~シューベルト歌曲集

                   バーバラ・ボ二―(S)
                   ジェフリー・パーソンズ(P)

           (録音:1994年4月 ベルリン、テルデック・スタジオ)


バーバラ・ボ二―のCDには「ミニョンの歌」D.877-1を除いて4曲が収録されています。
ボ二―が歌うシューベルト歌曲はお気に入りなのですが
この曲に限っては・・・・。
ノン・ヴィブラートで可憐な声質ということでは
ボ二―もアメリングも同じかと思いますが
アメリンクの声質の方がこの作品には合っているのではないでしょうか。
ボ二―では各節の Dahin! dahin 以下からヴィブラートを掛け
妙に耳触りになってきてしまいました。
上手な歌唱による『ご存知ですか、レモンの花咲く国』ではあるかと思いますが。



       シューベルト:歌曲全集;60名の歌手たち~エリー・アメリンク

          シューベルト:歌曲全集~60名の歌手たち

                    エリー・アメリンク(S)
                    グレアム・ジョンソン(P)


アメリンクの声と歌唱は薄幸の少女ミニョンの心情が如実に伝わり
深く心を打たれます。
の持つ素朴な趣も伝わってくるようです。
Dahin! dahin  以下は、ボ二―とは明らかに違い
アメリンクは言葉を区切るように
まるでスタッカートのように歌うのが印象的です。
殊更にミニョンの情熱的な内心をあからさまに表現することなく
秘めた情熱を強く感じさせてくれるものがあるようです。
アメリンクの『ご存知ですか、レモンの花咲く国』には
とても好感を抱きました。



   風と樹と空と


    ミニョン:Mignon Gesang “Kennst du das Land!" D.321
      (詩:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)


   ご存知ですか レモンの花咲く国を
   濃い葉陰にオレンジが実り
   青い空に爽やかな風が流れ
   ミルテの木は静かに 月桂樹は高く立たずまう国
   ご存知ですか?
   その国へ!その国へ!
   あなたと共に行ってみたいのです ああ愛しき方よ!

   ご存知ですか? 柱廊をめぐらす館は
   明るい大広間と落ち着いた小部屋をもち
   大理石の立像はいつも優しく
   労わるようにわたしを見降ろしてくれる
   ご存知ですか?
   その国へ!その国へ!
   あなたと共に行ってみたいのです ああ 優しい方!

   ご存知ですか 山あいにかかる雲の浮橋を?
   驢馬が喘ぎ登りゆく霧かかる山道
   龍の住まう太古の洞窟
   そばだつ岩壁からほとばしり落ちる滝!
   ご存知ですか?
   その国へ!その国へ!
   さあ 行きましょう ああ 父のような方 あなたと共に!

           (訳:喜多尾道冬氏 引用)


 (原詩引用)

   Kennst du das Land, wo die Zitronen blühn,
   Im dunkeln Laub die Gold-Orangen glühn,
   Ein sanfter Wind vom blauen Himmel weht,
   Die Myrte still und hoch der Lorbeer steht?
   Kennst du es wohl?
   Dahin! dahin
   Möcht ich mit dir, o mein Geliebter, ziehn.

   Kennst du das Haus? Auf Saulen ruht sein Dach.
   Es glänzt der Saal, es schimmert das Gemach,
   Und Marmorbilder stehn und sehn mich an:
   Was hat man dir, du armes Kind, getan?
   Kennst du es wohl?
   Dahin! dahin
   Möcht ich mit dir, o mein Beschützer, ziehn.

   Kennst du den Berg und seinen Wolkensteg?
   Das Maultier sucht im Nebel seinen Weg;
   In Höhlen wohnt der Drachen alte Brut;
   Es stürzt der Fels und über ihn die Flut!
   Kennst du ihn wohl?
   Dahin! dahin
   Geht unser Weg! O Vater, laß uns ziehn!


                  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

Comment

Re: 《ミニョンの歌》はお気に入りです

burleskeさま、こんばんは。
コメントをいつもありがとうございます。

この曲はお気に入りなのですね。
私の方は今回、初めてじっくりと聴いた有様です。
Dahin! dahin からは耳をそばだててしまいました。
ルートヴィヒですと、どのような感じの歌になるのでしょうね。
機会がありましたら聴いてみたいと思います。

ヴォルフの方は、未だCDに手が出ないままで・・・。
ヴォルフはゲーテが詩に込めた思いを忠実に表現しているのでしょうか。
シュワルツコップもお気に入りですし、やはり聴いてみたいですね。
この詩への付曲をシューベルト以外の作曲家でも聴いてみたいと望んでいます。
  • posted by lumino
  • URL
  • 2012.03/09 19:41分
  • [Edit]

《ミニョンの歌》はお気に入りです

luminoさま、こんばんは。
《ミニョンの歌》D.321は僕のお気に入りです。
ルートヴィヒ&ゲイジで聴いていますが、Dahin!Dahinからのフレーズが良いですね。南国への憧れがひしひしと伝わってくるようです。

ヴォルフの歌曲にも同じゲーテの詩の《ミニョンの歌》があって、こちらも僕のお気に入りです。
こちらは南国への憧れよりも、南国へ帰りたくても帰れない痛切な心情を表現しているようです。
シュワルツコップ&ムーア盤を持っているのですが、表現力豊かな名演だと思います。
  • posted by burleske
  • URL
  • 2012.03/09 17:56分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

*翻訳*