♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

Op.145  トスカニーニ編曲 ~ ベートーヴェン:七重奏曲 by  トスカニーニ&NBC交響楽団

トスカニーニ・コンプリートRCAコレクションの収録作品から
ベートーヴェン七重奏曲です。
ベートーヴェンの作品の中でもお気に入りの七重奏曲
トスカニーニ編曲のオーケストラ版があることを初めて知りました。

嘗て ウィーン室内合奏団とベルリン・ゾリステンで聴いておりました。
トスカニーニ&NBC交響楽団の演奏で聴き
今迄とは違う印象、新たな魅力をこの作品から受けました。
以前にも増して、お気に入りの作品になりました。


           トスカニーニ・コンプリートRCAコレクション

              トスカニーニ・コンプリートRCAコレクション

            ベートーヴェン七重奏曲 変ホ長調 Op.20
         
        ( 原曲楽器編成:クラリネット、ファゴット、ホルン、ヴァイオリン
                   ヴィオラ、チェロ、コントラバス)

                   トスカニーニ指揮
                   NBC交響楽団

            (録音:1951年11月26日 カーネギー・ホール)



   第1楽章アダージョ 3/4拍子;アレグロ・コン・ブリオ 変ホ長調 2/2拍子
   第2楽章アダージョ・カンタービレ 変イ長調 9/8拍子 
   第3楽章テンポ・ディ・メヌエット 変ホ長調 3/4拍子 
   第4楽章テーマ・コン・ヴァリアツィオー二 アンダンテ 変ロ長調 2/4拍子
   第5楽章スケルツォ アレグロ・モルト・エ・ヴィヴァーチェ 変ホ長調 3/4拍子
   第6楽章アンダンテ・コン・モルト・アラ・マルチャ 変ホ長調 2/4拍子


作曲されたのは1799-1800年とのことですので
ベートーヴェン29歳、青春の真っ只中?でしょうか。
ヴルンスヴィルク伯爵の令嬢で、かのテレーゼとヨゼフィーネに
ピアノを教えていた頃とか。
1800年には初めて音楽会を開いて交響曲第1番や
ピアノ協奏曲第1番を演奏したとのこと。

初演は1800年4月2日 ウィーン、ブルク劇場
フランツ二世の皇后マリア・テレジアに献呈されたそうです。


クラシック音楽とは無縁に近い頃
ホーム・ドラマの中で流れていた美しい旋律に心を奪われたものでした。
当時は作曲家名も作品名も知る由がありませんでした。
年月が経過しクラシック音楽に耳を傾けるようになり
久しく心を捉えていたその旋律に出合いました。
ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のLPを求めまして
同時に収録されていた「ロマンス第2番」を耳にした時「この曲!」と。
長年探していた作品はベートーヴェンの「ロマンス第2番」でした。

長くなりましたが、「ロマンス第2番」に心を奪われた当時と同様の思いを
トスカ二―二編曲の七重奏曲に抱きました。

トスカニーニの編曲は弦のパートを拡大したとのことですが
作品から受ける印象はかなり違うように感じました。
第1楽章の活き活きとした躍動感
第2楽章と第5楽章の旋律の美しさに
そして第6楽章の軽快な喜び溢れる旋律。
全楽章に於いてテンポが速いようでリズミカルな爽快さを
感じさせてくれる演奏でしょうか。

「暗さ」を一切寄せ付けないような明朗で軽快なこの作品の魅力に
以前にも増して、すっかり心を捉えられてしまいました。


                 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

Comment

Re: お早うございます~~

rudolfさま、こんばんは。
コメントを頂き、ありがとうございます。

こちらのトスカニーニのBoxをrudolfさまもお求めになられたのですね。
とてもお気に入りのBoxになりました。
トスカニーニのディスクの所有が少なかったので
Boxの発売で本当に嬉しさでいっぱいです。

> マエストロは、チェロをやっておられたこともあって、室内楽をやりたいと思っておられたのかもしれませんね~
とのこと、それで七重奏曲の編曲もされたのですね。
弦楽四重奏曲第16番の編曲版を収録曲の中から探しましたら、見つかりました!
早速、聴いてみることにします(^^♪
  • posted by lumino
  • URL
  • 2012.06/08 19:45分
  • [Edit]

お早うございます~~

luminoさま お早うございます~

マエストロ・トスカニーニ ボックス、買われたんですね~(^o^)

マエストロは、チェロをやっておられたこともあって、室内楽をやりたいと思っておられたのかもしれませんね~
「セプテット」だけでなく、弦楽四重奏曲の編曲版も演奏されていますよね~(私のボックスは梱包のままです、爆~)

マエストロの熱き思い、凄いですよね~
ミ(`w´彡)
  • posted by rudolf2006
  • URL
  • 2012.06/08 11:27分
  • [Edit]

Re: やっぱりトスカニーニは良いですね

burleskeさま、こんばんは。
コメントをいつもありがとうございます。

ブラームスのセレナード第2番、コメントを拝読して初めて聴いてみました。
第2楽章のスケルツォはとても明るく、良い作品ですね。
burleskeさまのお蔭でブラームスでお気に入りが一つ増えました。
ありがとうございます。
トスカニーニのBOXの収録作品でburleskeさまのお心に留まる演奏がありましたら記事にしていただけることを願っています。

トスカニーニのBOXもベートーヴェンの七重奏曲の一曲だけでも求めて良かったと思っていましたが、本当に素晴らしいBOXですね。
ルービンシュタインのBOXと共に聴き続けて行きたいと思います。
  • posted by lumino
  • URL
  • 2012.06/03 19:31分
  • [Edit]

やっぱりトスカニーニは良いですね

トスカニーニの七重奏曲は明快で切れが良く、魅力的な演奏ですね。
僕も気に入りました。
トスカニーニ指揮のブラームスのセレナード第2番も似たような雰囲気の演奏で面白かったですよ。
ルービンシュタインもそうですが、トスカニーニのコンプリート・アルバム・コレクションも聴けば聴くほど魅力が増す、素晴らしいBOXですね。
  • posted by burleske
  • URL
  • 2012.06/03 15:39分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

*翻訳*