♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

Op.153 ベートーヴェン:「アデライーデ」 by プライ;ディスカウ

歌曲は好きなのですが
ベートーヴェンの歌曲でブログに登場したのは 唯の一曲だけです。
「優しき愛」でした。(当時の記事です→ベートーヴェン:「優しき愛」

「優しき愛」の次に今のところお気に入りなのが「アデライーデ」になりそうです。
歌曲では、ひたすらに大のお気に入りのシューベルトばかりを聴いて
ベートーヴェンの歌曲はあまり耳を傾けることがありませんでした。

過日、ヘルマン・プライでブラームスの「愛の歌」を聴きましたが
そのCDにベートーヴェンの「アデライーデ」が収録されていました。
プライの歌声で聴いているうちに少しづつ好感を抱くようになりました。



作曲は1794-95年頃だそうです。
ベートーヴェンがアルブレヒツベルガーのもとで学んでいた時期に
作曲されたとのこと。
アルブレヒツベルガーは1772年にウィーンに招かれ
1793年に聖シュテファン大聖堂楽長に就任そうです。
ハイドン、モーツァルトなどと親交があり優れた対位法の教師であった由。



                    ヨハン・アルブレヒベルガー
              Johann Georg Albrechtsberger
                 Johann Georg Albrechtsberger
                (1736年2月3日-1809年3月7日)


詩はフリードリヒ・マティソン。
4節から成る詩で
 第1節:変ロ長調 ラルゲット
 第2節:ヘ長調 ラルゲット
 第3節:変ト短調に転調 ラルゲット
 第4楽章:変ロ長調 アレグロ・モルト  とのことです。


献呈は作詩のマティソンに。
1797年2月に出版された際には「カンタータ」と記されていたそうです。


                  フリードリヒ・マティソン
               Friedrich von Matthisson
                   Friedrich von Matthisson
               (1761年1月23日-1831年3月12日)


「アデライーデ」をヘルマン・プライでは3種の録音で聴くことができました。
録音年代の古い順からになります。


                 ヘルマン・プライ:EMI録音集

                ヘルマン・プライEMI録音集

                   ヘルマン・プライ(Br)
                   ジェラルド・ムーア(P)
           
                (録音:1961年4月17-19日 ベルリン)
 
こちらのBOXは廃盤になってしまってるようです。
プライは32歳頃の録音でしょうか。
次に紹介させていただく1985-86年録音を聴き
「アデライーデ」に好感を抱いたのですが
その録音以上にこちらの1961年のムーアとの録音では魅了されました。
歌唱の技術的なことは解りませんが
後年の歌唱に比べて、とても素朴で自然な印象を受けます。
お気に入りの「アデライーデ」です。


              ヘルマン・プライ:ベートーヴェン歌曲集

                ヘルマン・プライ:ベートーヴェン歌曲集

                  ヘルマン・プライ(Br)
                  ヴォルフガング・サヴァリッシュ(P)

                 (録音:1980年12月-1981年1月
                    トゥッツィング、福音アカデミー)


プライの歌唱も、さることながら
サヴァリッシュのピアノの時として重々しい響きと
そのピアニズムはまるで 声楽付きのピアノ・ソナタを聴いているような。
ピアノに心の中で独り言を・・・「もう少し、お控えを・・・」と。



                プライ:「愛の歌」

                   ヘルマン・プライ(Br)
                   レナード・ホカンソン(P)
                  
                     (録音:1985-86年)


先日聴きましたブラームスの歌曲「愛の歌」と共に収録されていました。
「アデライーデ」に開眼をさせてくれたプライの録音です。
じっくりと聴かせてくれる詩の第1-3節。
琴線に触れるものがあります。
第4節になり感情の迸りは抑制されながらも見事に伝わってくるようです。
ホカンソンのピアノは響きを抑えているようで
プライの歌唱を地味?ながらもしっかりと支えているように思いわれます。
私にとってはプライの3種の録音の中では最も安心をして
ホッとした気持ちで耳を傾けられる「アデライーデ」です。


ちょっぴり ひとりごと。
プライの誕生は7月11日(1912年)
逝去されたのが7月22日(1998年)、69歳だったそうで。
今、7月・・・。
昔々、初めてプライのLPを求めたのは
ベートーヴェンの歌曲「自然における神の栄光」が収録されていたLP。
当時を懐かしく思い出します。
あれから云十年、プライはやはり一番気になる存在のバリトン。




       ディースカウ:ベートーヴェン歌曲集≪遥かな恋人に寄す≫

                ディースカウ:ベートーヴェン歌曲集≪遥かな恋人に寄せ≫

               ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
               イェルク・デムス(P)
                     
                (録音:1966年4月14-18日 ベルリン)



穏やかなディスカウの歌唱。
各節最後の Adelaide! は自然な高揚の気持ちとして伝わります。
特に第4節の詩は心に染み入るようです。
鷹揚とした歌唱で
じっくりと噛みしめて聴きたくなる「アデライーデ」でしょうか。



             わんぱぐさん:ライン、ブルーの鳥


             アデライーデ: Adelaide  Op.46    
                  (詩: フリードリヒ・フォン・マティソン)


     あなたの恋人は 寂しく春の庭を彷徨う
     美しき魅惑の光に優しく包まれて。
     その光は揺れ動く花の枝におののく。
     アデライーデ!

     煌めく小川に アルプスの雪に
     沈み行く陽の金色の雲に
     星煌めく夜空にほほえむ君が姿。
     アデライーデ!  

     緑の木陰に夕べの風は囁き
     すずらんの花は銀の鈴のようにさざめき
     水面はざわめき うぐいすは歌う。
     アデライーデ!

     いつか わが墓の上にも
     わが胸の灰の花が咲く そしてその
     すべての紫の花びらに光がほのめく
     アデライーデ!

                 (訳:渡辺護 引用)

        
    (原詩引用)
     
     Einsam wandelt dein Freund im Frühlingsgarten,
     Mild vom lieblichen Zauberlicht umflossen,
     Das durch wankende Blütenzweige zittert,
     Adelaide!

     In der spiegelnden Flut,im Schnee der Alpen,
     In des sinkenden Tages Goldgewölken,
     Im Gefilde der Sterne strahlt dein Bildnis,
     Adelaide!

     Abendlüfte im zarten Laube flüstern,
     Silberglöckchen des Mais im Grase säuseln,
     Wellen rauschen und Nachtigallen flöten:
     Adelaide!

     Einst,o Wunder! entblüht auf meinem Grabe
     Eine Blume der Asche meines Herzens;
     Deutlich schimmert auf jedem Purpurblättchen:
     Adelaide!



                    にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

Comment

Re: お早うございます~~

rudolfさま、こんばんは~。
コメントを嬉しく拝読させていただきました。

今迄、ベートーヴェンの歌曲は「優しき愛」や歌曲集の『遥かな恋人に寄す』を
例外として、あまり馴染めなかったのですがプライのお陰で少しですが
開眼(?)をできたような気がしています。
プライはどのような「歌」でも歌いこなしてしまうのですね。
それも、心に響く声と歌唱で。
ディースカウの「アデライーデ」もお気に入りになりました。
CDが見つかりましたら、お聴きくださいね。

> 大学時代の楽器の先生が、ヴィンダーリッヒのベトベンを聴いて勉強しなさいとアドヴァイスしてくださったのを思い出しています
 楽器に関しても無知なのですが、ヴンダーリヒは他の歌手の御方とは違う呼吸法?と言うか発声法?・・・。
 rudolfさまの「吹く」楽器は声楽と共通するところがあるのでしょうか、と考えたりしています。

今回はテノールでは聴かなかったのですが
ヴンダーリヒもCDがありましたので、注意して聴いてみたいと思います。
あとは、シュライアーの『ベートーヴェン歌曲全集』の中に収録されていましたので
これからヴンダーリヒとシュライアーで聴いてみたいと思います。
もしも 南の島 に行くことができたら(飛行機が怖いのです~)シューベルトの歌曲を旅の友にと思っていましたが、ベートーヴェンも仲間入りに(^^♪
  • posted by lumino
  • URL
  • 2012.07/29 19:46分
  • [Edit]

Re: 《アデライーデ》は聴いたことあるような・・・

burleskeさま、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

ヴンダーリヒは今回、聴かなかったのですが
「ヴンダーリヒの芸術」に収録されていましたので早速、聴いてみます。
今回、ベートーヴェンの歌曲を聴いて
今迄抱いていた認識に変化が出てきたように思います。
機会がありましたら、プライ、ディースカウでもお聴きくださいね。
  • posted by lumino
  • URL
  • 2012.07/29 19:09分
  • [Edit]

お早うございます~~

luminoさま お早うございます~

お久しぶりです
拙ブログにコメント、いつもありがとございます~

ベトベンの歌曲も素晴らしいものがありますね、「アデライーデ」はその中でも最も素晴らしいものでしょうね~

大学時代の楽器の先生が、ヴィンダーリッヒのベトベンを聴いて勉強しなさいとアドヴァイスしてくださったのを思い出しています

ディースカウさんの録音は持っていたかな~??爆~

ミ(`w´彡)
  • posted by rudolf2006
  • URL
  • 2012.07/29 10:00分
  • [Edit]

《アデライーデ》は聴いたことあるような・・・

《アデライーデ》ってどっかで聴いたことがあると思ったら、
ヴンダーリヒ&ギーゼンのディスクでした。
《詩人の恋》のカップリングにあったんですね。
甘やかな歌声が素敵です。
ベートーヴェンの歌曲も良いですね。
プライとディースカウでも聴いてみたいです。
  • posted by burleske
  • URL
  • 2012.07/28 21:27分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索