2009.10/07(Wed)

Op.8 メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲 by トーマス・ファイ

1809年2月3日誕生のメンデルスゾーン。
今年は 生誕200年のアニヴァーサリー・イヤー。
メンデルスゾーンの作品が多々紹介されるかと期待をしていたのですが
2009年も余すところ2ヶ月半
期待に反して?作品があまり紹介されなかったような気がしています。
メンデルスゾーンの歌曲を聴きメンデルスゾーンに惹かれ始めた私にとりましては、
少々、寂しいアニヴァーサリー・イヤーになってしまいそうです。

このアニヴァーサリー・イヤーに
メンデルスゾーン交響曲全集シリーズを着々と進行中の
トーマス・ファイ 彼の率いる手兵ハイデルベルク交響楽団。
交響曲と13曲のシンフォニアから成るこの交響曲全集に大いなる期待をしている今日この頃です。

交響曲以上に惹かれるのが13曲のシンフォニア「弦楽器のための交響曲」です。
シンフォニアばかり5曲を集めた一枚が目下のお気に入りです。
         
            ↓


        メンデルスゾーン弦楽の為の交響曲09.10.7


            メンデルスゾーン
         弦楽のための交響曲第1番ハ長調
         弦楽のための交響曲第2番ニ長調
         弦楽のための交響曲第3番ホ短調
         弦楽のための交響曲第4番ハ短調
         弦楽のための交響曲第9番ハ長調

バルツフェルト、ルートヴィヒ=エングレルト・ハウス
2008年の録音。

弦楽のための交響曲のうち、第6番までは12歳の時の作品とのこと。
バロックの香りが漂う作品ばかりです。
J.S.バッハの対位法の影響が反映されているとのことです。
チャーミングさとスケールの大きさがミックスされたようなシンフォニアです。

躍動感があり、且つ又、ノンヴィブラートの弦楽器は例えようもなく美しく奏でられています。
コントラバスは豊かな重低音として時には激しさを伴い、
作品をより一層、生命感溢れるものにしているようです。
どの作品もスケール豊かなシンフォニアです。
トーマス・ファイは現代楽器でのピリオド奏法を用いているそうで、
作品をより一層生き生きと再現しているようにも思われます。

秋の長雨の日々、清涼剤のように爽やかで、清々しい一曲一曲です。
弦楽器ファンの私には珠玉のディスクの一枚になりそうです。
ファイ&ハイデルブルクSO.のメンデルスゾーン交響曲全集の完成が待たれるこの頃です。

大型の台風18号が近付いている今日。
市からも台風の注意を呼びかける防災メールが届きました。
この台風による被害が出ないことを祈るばかりです。




にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲 シンフォニア トーマス・ファイ ハイデルベルク交響楽団 バロック ピリオド奏法 ノンヴィブラート

19:48  |  メンデルスゾーン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●コメントありがとうございます!

>colorkoさま
こんばんは〜。
コメントをありがとうございます!
メンデルスゾーンのこの作品、秋の長雨の日々にも爽やかな気分にさせてくれますし、
今日のように晴天の日には、爽快な気分が倍増!
とても魅力的な作品ですよね。
メンデルスゾーンの作品って、不思議な魅力を湛えて惹きつけられます。(*^_^*)
lumino | 2009.10.11(日) 19:53 | URL | コメント編集

●NoTitle

こんばんは
本当ですね
今年も残すところあと2カ月半なんですね〜
早いですね〜
秋の長雨の日々もこんな素敵な曲に出会えたら
爽やかに過ごせそうです^^
colorko | 2009.10.10(土) 20:45 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます!

>burleskeさま
こんばんは。いつもコメントありがとうございます!
やはり、こちらのディスクはお気に入りなのですね。
「弦楽のための交響曲」と言うものを知らなかったのですが、交響曲よりも気に入ってしまいました。
トーマス・ファイのこの全集は貴重な(ピリオドでの)存在なのですね。
第2番でメンデルスゾーン交響曲全曲シリーズが完結するそうですね。
11月20日の発売が楽しみですね。

「弦楽のための交響曲」13曲を全部聴くには、シリーズを揃えるしかないので、
良い機会になりそうです。(^^♪
lumino | 2009.10.08(木) 19:38 | URL | コメント編集

●ファイ、いいですねぇ。

こんばんわ。このCD購入されたのですね!私もこれ気に入ってます。爽快感がなんともいえないですよね。今まで弦楽のための交響曲は聞き流してたんですが、ファイの演奏でやっと面白いと思いました。あと交響曲第1番もスピーディな演奏で好きです。

なぜかピリオド奏法のメンデルスゾーンの交響曲全集ってまだないんですよね。で、第2番《讃歌》をどう演奏してくれるのか、私的には楽しみにしてます。
burleske | 2009.10.07(水) 21:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://adagio6.blog93.fc2.com/tb.php/23-c03d3553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |