♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

Op.17 川井郁子女史のベスト・アルバム~【Appasionato】&【Nature】

bd雪だるま

先週は、ほとんど聞く事のなかったミュージック・バードでした。
昨夜のOAプログラムに川井郁子女史の名前が掲載されていましたので、聴く事に。
本年9月2日にリリースされた彼女の2枚のアルバム紹介。

川井郁子女史については、あまり知識がなかったのですが、
高松市出身のヴァイオリニスト、作曲家、大阪芸術大学教授そしてまた、女優とか。
幅広くご活躍をされていらっしゃる御方なのですね。
川井女史のヴァイオリン演奏はレギュラー司会をしているTV番組で、
時折聴いていましたので、邦人ヴァイオリニストでは私の最も関心の高い演奏家。

昨夜紹介されましたCDは、
タイトル、【Appassionato】 と 【Nature】
【Appassionato】の方は、躍動 の「動」の世界に対し
【Nature】は、「静」の世界。
対極的な世界を味わえる2枚のCDだそうです。
過去に発売された8枚のCDよりピック・アップしたもので構成される、
イージー・リスニング・ジャンルの2枚のベスト・アルバム。



Appasionato

アッパッショナータ川井郁子

        「普遍的なメロディを斬新なアレンジに乗せて
         ドラマティックな心の世界にお連れできたらと思います」
         と川井女史のお言葉

こちらのCDは、クラシックのメロディをアレンジしての演奏が盛り沢山。
1曲目の、チャイコフスキー「白鳥の湖」から始まり
ヴィヴァルディ、J.S.バッハ、ロドリーゴ、パガニーニ他の14作品。
どの演奏も「斬新」さが、いっぱい。
アレンジでとても面白い作品に変身をしているようです。
オーケストラ、パーカッション、邦楽器やら多様の楽器が混じっての演奏で、
エキゾティックな雰囲気も漂っているようです。
特に興味をそそられましたのは、
3曲目の、ヴィヴァルディの「四季」から「夏」をアレンジした「サマー・ストーム」。
5曲目のヘンデルのラルゴとバッハの「主の人の望みの喜びよ」がミックスされた「サンクトゥス」。
この曲ではコーラスも入っています。
etc. etc. Passionが 此処かしこに散りばめられた世界のようです。
但し、最後の14曲目、ドヴォルザークの「新世界」からのアレンジは、しみじみと心誘われるものがあります。



Nature

ナチュール川井郁子

      「自然がくれたインスピレーションから生まれたメロディで
       地球の息吹を感じてください」(川井郁子) 

収録曲、15曲の内4曲の新録音と、書き下ろしの1曲から、
女史が自然に因んだ作品を選んだベスト・アルバムだそうです。
15曲の中に含まれている「浜辺の歌」「宵待ち草」。
本当に「静」の世界です。
第1曲「水百景」・・・のどかな、優しい旋律です。
第13曲目の「コバルト・ムーン」は、ステップを踏みたくなるような・・・楽しさも。
川井女史のヴァイオリンに、そっと寄り添うピアノの音色の何と優しいこと!
CDの宣伝(?)内容に「癒しや入眠を求める人にうってつけの内容」と記載されていますが、
「静」の世界のあまりの素晴らしさに 入眠 などとは勿体ないような。
静寂の中に響くヴァイオリンの音色に、スッカリ目覚めて聴いておりました。
    
静寂を音楽にしたら、きっと【Nature】の一曲一曲 かも
と、感じるような・・・。
優しさいっぱいの演奏のように感じられました。
川井女史が作曲された一曲一曲から、そのお人柄が偲ばれるようです。
日本にも、まだ素晴らしい御方がいらっしゃったのですね。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

Comment

こんばんは〜。

burleskeさま、こんばんは〜。
コメントをありがとうございます。ご無理をさせてしまったみたい・・・。

burleskeさまに・・・苦手、聴かず嫌い が?安心いたしました〜。
ヴァイオリンの小品は・・・ホッと、一息の・・・コーヒー・ブレイク・タイムという感じになれるので・・・やはり「癒し」?になるのでしょうか。時々聴いているんですよ。
でも、大曲から受けるトキメキの「感動」はなく、醍醐味もなく・・・。
その反動?で川井女史を聴いて一夜明け、「第九」(ミュンシュ)に、そして「英雄」(クレンペラー)に逆戻りしてしまいました〜。(^。^)
川合女史のチェック・・・外した方が・・・burleskeさまには、やはり、マーラー、ブルックナーetc.・・・ですよね。v-218
  • posted by lumino
  • URL
  • 2009.12/02 20:33分
  • [Edit]

困ったなぁ

うひゃあ、アレンジものですか。私こういうの苦手なんですv-11
そもそもヴァイオリンの小品(クライスラーみたいな)すらほとんど聴きません。聴いたら面白いと思うんですけど....
なんか聴かず嫌いなんですよね。大曲ばっかり聴いてないで、こういうのも聴いてみないといけませんね。
川井女史、チェックしておきます。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索