♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

Op.365 ブルッフ:「ヴァイオリン協奏曲第1番」 by パールマン;ハイティンク&コンセルトヘボウO.

懐かしいヴァイオリ二スト、イツァーク・パールマン。
コンサートで初めて聴いたヴァイオリ二ストがパールマンでした。
友人の都合が悪くコンサートに行くことができないとのことで
頂き物のティケットでの鑑賞。
当時、若かったパールマンも今年で71歳のようですので早いものです。
あれから云十年。

今まで特別な関心を寄せることがなかったパールマンです。
Box も必要なし、と思っていました。
ですが懐かしさと収録曲に惹かれついつい手が。
EMI、TELDEC,、ERATOへの録音を集大成したワーナーのBox です。
各ディスクは紙ジャケット入りで発売当時のジャケット・デザインだそうです。
紙ジャケットの中にはブックレトが入っていました。
他にハード・カバー仕様のブックレットは100ページとか。
とても丁寧な作りでこのような Box に出合ったのは初めてです。
ショップの在庫特価でしたので助かりました。

このBoxからヴァイオリン協奏曲でお気に入りの曲を数曲聴き
求めて良かった・・・と。
Box に目を向けてはニッコリとしています。

              ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
              パールマン~ワーナー録音全集より

         365:ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番イツァーク・パールマン/ワーナー録音全集より
                   
                       (収録曲)
          メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
          ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26

                イツァーク・パールマン(Vn)
                ベルナルト・ハイティンク指揮
                コンセルトヘボウO.
            (録音:1983年1月24-25日 アムステルダム)

        第1楽章:Introduktion, Allegro moderato ト短調 4/4拍子
        第2楽章:Adagio 変ホ長調 3/8拍子
        第3楽章:Finale, Allegro energico ト長調 2/2拍子


曲の完成は1866年、ブルッフ28歳の時だそうです。
ブルッフは1865年から66年にかけてコブレンツの演奏協会で
指揮者の地位にあったとのことです。

ブルッフが残したヴァイオリン協奏曲は3曲。
第1番はメンデルスゾーン以来では最も多く演奏されるヴァイオリン協奏曲の
一つとして有名であり、またブルッフの代表的な傑作とのことです。
曲の形式は一般的な3楽章でありながらも
通常の協奏曲形式よりかなり自由なものになっているそうです。
例えば第1楽章は「前奏曲」とされていることなど。

初演は1866年4月24日にコブレンツの演奏会において
ブルッフ自身の指揮、ケルンのヴァイオリニスト、オットー・フォン・ケーニヒスロウにより行われたそうです。
この初演は好評だったそうですがブルッフは満足しなかったとのこと。
ヨーゼフ・ヨアヒムに助言を求めて改訂をしたそうです。
この大規模な改訂は1868年初頭まで行われたとのことです。
改訂版の初演は1868年1月7日、ブレーメンにおいてブルッフ自身の指揮
ヴァイオリン独奏、ヨアヒムで行われたとのこと。
この改訂版が現行の形で演奏されているものだそうです。

曲の献呈はヨーゼフ・ヨアヒムに。


パールマンで聴くブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番


静かに奏されるオーケストラで始まる第1楽章。
間もなく現れる独奏ヴァイオリンはカデンツァを。
第1主題の豪快さ。
第2主題での独奏ヴァイオリンが奏する旋律の優美な趣。
耳に馴染んでいる第2主題。
独奏ヴァイオリンの重音奏法が旋律に立体的な趣を醸し出しているよう。
独奏ヴァイオリンと弦楽器の抒情的で美しい対話。
展開部での第1主題。オーケストラの豪壮さ。
転じて伸びやかなオーケストラを伴奏に華々しく奏される独奏ヴァイオリン。
静かな雰囲気になり気が付くとアタッカで第2楽章に。

静かに弱く第1ヴァイオリンの語りで始まる第2楽章。
独奏ヴァイオリンに寄り添うかのようにオーケストラは美しい旋律を。
主題を奏する独奏ヴァイオリンの調べも抒情味に溢れて。
オーケストラが穏やかに奏される中に漂う独奏ヴァイオリンの
抒情性豊かな歌に耳を奪われます。
束の間ホルンが奏する主題も印象的。
甘美な旋律を歌い続ける独奏ヴァイオリン。
曲が進み盛り上がる力強い高揚感は圧巻。感動的。
再び主題を奏する独奏ヴァイオリン。
消え入るように静かに終わる第2楽章。

明るく華々しく始まる第3楽章。
心躍るような明朗さ。
第1主題を奏する第1ヴァイオリンの力強さと明るさ。
弾むような喜びでもあるかのよう。
記憶に刻み込まれている主題はこの曲の代名詞のようにも感じられます。
オーケストラのトゥッティで始まる第2主題は力強く豪快な趣。
独奏ヴァイオリンもまた豪快に。
展開部では音楽が視覚化されるような感覚も。
コーダに入り現れる第1主題の面影。
高揚感とともに速度も上がり豪壮に締め括られる曲。


数年振りに聴いたブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番です。
抒情美と豪快さが融和したような終始、惹き付けられる魅力。
耳に馴染みの旋律には懐かしさを感じてしまいます。
ブルッフの作品では「スコットランド幻想曲」がお気に入りですが
この第1番も改めて聴き魅了されるものがあります。

パールマンのヴァイオリンの音色に対しては特別に美音という印象を
抱いていなかったのですが
今回、数曲のヴァイオリン協奏曲を聴き素朴な抒情性を感じさせる演奏
に惹かれるようになりました。
虚飾がなく自然体そして素朴さを感じる演奏に好感を抱きます。
このブルッフの第1番ではコンセルトヘボウO.の透明感があり
弱音の美しい響きが独奏ヴァイオリンを生かしているようにも感じます。

Box の77枚のうち4枚にブルッフの作品が収録されていました。
スコットランド幻想曲(2種)
ヴァイオリン協奏曲第1番(2種)
ヴァイオリン協奏曲第2番

ヴァイオリン協奏曲第1番では他に
1972年録音のプレヴィン&ロンドン響が収録されています。
未聴ですのでこれからゆっくりと聴いてみたいと思います。

目下、集中的に耳を傾けているお気に入りの Box です。
楽しみつつ・・・長くお付き合いをしたいディスクたちが満杯。

                
関連記事

Comment

Re: パールマン、良いですね

burleskeさま
いつもコメントをありがとうございます。

パールマン&ハイティンクのブルッフのヴァイオリン協奏曲をburleskeさまは既にお持ちだったのですね。
私はこのBox にて初めて聴きました。
パールマン・・・本当に良いですね。

burleskeさまはパールマンのBoxでは DG,DECCAのユニバーサルの方をお求めになられたそうですね。
ワーナーとユニバーサルのBox、とても迷ってしまい結局ワーナーにしたのです。
が、ユニバーサルも諦め切れずの状態でした。
ユニバーサルには、そうなんですよね、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集が収録されているのが魅力でした。
モーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集も収録されていることには気が付きませんでした。
burleskeさまのコメントを拝読し、先程、思い切って注文をしました。
「取り寄せ」の表示になっていましたが無事に入荷することを願いつつ。
ベートーヴェンとモーツァルトは是非、聴きたいと思います。
お寄せいただいたコメントのお陰で決心がつきました。ありがとうございます(^^♪
  • posted by lumino
  • URL
  • 2016.12/13 20:03分
  • [Edit]

パールマン、良いですね

パールマン&ハイティンクのブルッフは僕も持っています。
久しぶりに聴いてみましたが、自然体で安心して聴ける良い演奏ですね。
プレヴィンとの旧録音は聴いたことがないのですが、こちらも機会があれば聴いてみたいです。

このパールマンのワーナーのBOXは僕も気になっていたのですが、結局購入していません。
その代わりに(?)ユニバーサルのパールマンのBOXを購入したのですが、こちらもベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集やモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集が収録されていて面白いですよ。
  • posted by burleske
  • URL
  • 2016.12/12 17:43分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索