♪クラシック音楽 さんぽみち♪〜第1楽章:CD&MUSIC BIRD

クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

Entries

OP.369  シューベルト:エレンの歌Ⅲ「アヴェ・マリア」 by ボ二ー&パーソンズ

新しい年もすでに1週間が過ぎようとしています。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします

2017年のスタートはシューベルトの歌曲で。
ボ二ーの歌で「エレンの歌Ⅲ:アヴェ・マリア」です。


           シューベルトエレンの歌Ⅲ「アヴェマリア」 D.839
                     ボ二ー&パーソンズ

             369:シューベルト:歌曲集 ボ二ー&パーソンズ

                     バーバラ・ボニー(S)
                     ジェフリー・パーソンズ(P)
            (録音:1994年4月 テルデック・スタジオ、ベルリン)
 
 
作曲されたのは1825年4月。
シューベルティアーデが盛んに催されていた頃だそうです。
シューベルトは28歳歳頃でしょうか。

曲は 3節の有節歌曲  変ロ長調  4/4拍子 
テンポは「非常にゆっくりと」と記されているそうです。
ウォルター・スコットの叙事詩「湖上の美人」に付曲。

              369スコット像エディンバラ
       エディンバラ、プリンス・ストリート・ガーデンのスコットの記念碑                  
                Sir Walter Scott, 1st Baronet
              ( 1771年8月15日 - 1832年9月21日)
         

湖上の美人」はイギリスの歴史小説家ウォルター・スコット作の叙事詩だそうです。
湖上の美人」はスコットランドのカトリーン湖を背景に
エレンを中心とした恋と武勇の話で全6篇からなっているとのこと。
独訳はアーダム・シュトルク。
このシュトルク訳にシューベルトは付曲をしたそうです。
この叙事詩の7つの詩にシューベルトは付曲をしているそうです。
エレンの歌Ⅲ アヴェ・マリア」はそのだ6番目の曲とのことです。

シュトルク訳では原詩の形式が各4行8詩節の民謡詩節に
変えられているそうです。
初版は1826年4月5日にウィーンのアルタリア社から出版され
この初版では英語の歌詩も添えられたとのことです。

この叙事詩のヒロインがエレン・ダグラス。
城主である王の仇討から逃れるためにエレンと父親はスコットランド高地の
コブリンの洞窟近くに身を隠している。
父娘は王に追放されてから、ハイランドの族長ロデリックに匿われてきた。
切羽詰まった逆境の中でエレンは湖畔の岩上で聖母像に額ずき
父の罪が許されるようにマリアの加護を求め祈りがこの曲だそうです。

因みに
エレンの歌Ⅰ」は第1篇31節で
狩りをして道に迷い疲れた兵士を休ませるためにエレンが歌う子守歌だそうです。
エレンの歌Ⅱ」は第1篇32節。「エレンの歌Ⅰ」と詩の内容に大差はないとのこと。

作曲された当時も「アヴェ・マリア」は多くの人々に感銘を与え
シューベルト自身が好んで歌って聴かせたそうです。

余談ですが。
湖上の美人」は1819年にロッシーニがオペラ・セリアとして作曲しているそうです。
台本はアンドレア・レオーネ・トットラで
原曲名はLa donna del lago とのことです。


ボ二ーの歌で聴く「アヴェ・マリア」。

ピアノ伴奏はハープを模しているそうです。
旋律もさることながら、ボ二ーの歌唱そのものが祈りとなり
耳に、心に染み入ります。
言葉に託された微妙な心が真摯に歌われているようにも感じます。
反復句の “Ave Mria ! ” という呼びかけは
各節の初めでは微妙に変化しているのが印象的です。
“Ave Mria ! ” との呼びかけの一つ一つが
繊細に歌い分けられているように感じます。

真摯な祈り、時には緊張感をともなう祈り。
第2節次の2行が印象的です。
 “Du lächelst, Rosendufte wehen
  In dieser dumpfen Felsenkluft”
微かに声量を落として優しく囁くように歌われ
辛苦の中で希望を垣間見る想いがするようです。
言葉を必要としないボ二ーの歌唱。
語ろうとすればするほど
祈りそのものの歌に言葉、文字は必要のないことを感じるのみです。

「エレンの歌Ⅰ」「エレンの歌Ⅱ」はまだ聴く機会がないのですが
聴いてみたく思います。

      ライン 

               エレンの歌Ⅲ:Ellens GesangⅢ D839

         (訳詞)
         アヴェ・マリア!優しき乙女よ、
         一人の娘の願いを聞いてください、
         この堅く険しい巌からも
         きっとたしの祈りはあなたへと届くでしょう。
         それでわたしたちは安心して朝まで眠っていられるのです 。
         世の人々がどんなに冷たくても。
         おお 乙女よ、この娘の不安を見て
         おお 母よ、願う子の声を聞いてください!
         アヴェ・マリア!

         アヴェ・マリア!汚れ無き方よ!
         わたしたちがこの巌で眠る時、
         あなたの護りがわたしたちを包んでくれ
         硬い巌も柔らかく感じられるのです。
          あなたが微笑めば、バラの香りが匂い立ちます
         この湿った岩間にも。
         おお 母よ、子の願いを聞いてください、
         おお 乙女よ、一人の娘が呼びかけています!
         アヴェ・マリア!

         アヴェ・マリア!清き女性よ、
         地の、空の悪魔たちを
          あなたの眼の慈しみで追い払い、
         わたしたちの側に住み着けないようにしてください。
         わたしたちはじっとこの運命に従います。
         あなたの神聖な慰めがもたらされるのですから。
         この娘にやさしく身をかがめてください、
         父の為に祈るこの子に。
         アヴェ・マリア!
                                   (若林氏訳)

         Ave Maria! Jungfrau mild,
         Erhöre einer Jungfrau Flehen,
         Aus diesem Felsen starr und wild
         Soll mein Gebet zu dir hin wehen.
         Wir schlafen sicher bis zum Morgen,
         Ob Menschen noch so grausam sind.
         O Jungfrau, sieh der Jungfrau Sorgen,
         O Mutter, hör ein bittend Kind!
         Ave Maria!

         Ave Maria! Unbefleckt!
         Wenn wir auf diesen Fels hinsinken
         Zum Schlaf, und uns dein Schutz bedeckt
         Wird weich der harte Fels uns dünken.
         Du lächelst, Rosendufte wehen
         In dieser dumpfen Felsenkluft,
         O Mutter, höre Kindes Flehen,
         O Jungfrau, eine Jungfrau ruft!
         Ave Maria!

         Ave Maria! Reine Magd!
         Der Erde und der Luft Dämonen,
         Von deines Auges Huld verjagt,
         Sie können hier nicht bei uns wohnen,
         Wir woll'n uns still dem Schicksal beugen,
         Da uns dein heil'ger Trost anweht;
         Der Jungfrau wolle hold dich neigen,
         Dem Kind, das für den Vater fleht
         Ave Maria!


いつもの蛇足です。おばさんの井戸端会議。
シューベルトが付曲をした7曲をメモとして。(Wikipediaドイツ語よりそのままコピー)

1.Ellens Gesang I D 837 „Raste Krieger, Krieg ist aus“/„Soldier rest! the warfare o’er“
2.Ellens Gesang II D 838 „Jäger, ruhe von der Jagd“/„Huntsman, rest! thy chase is done“
3.Bootgesang D 835 „Triumph, er naht“/„Hail to the chief“, Männerquartett (TTBB)
4.Coronach (Totengesang der Frauen und Mädchen) D 836 „Er ist uns geschieden“/„He is gone to the mountain“, Chorlied (SSA)
5.Normans Gesang D 846 „Die Nacht bricht bald herein“
6.Ellens Gesang III (Hymne an die Jungfrau) D 839 „Ave Maria! Jungfrau mild!“/„Ave Maria! maiden mild!“, Lied für Frauenstimme
7.Lied des gefangenen Jägers D 843 „Mein Roß so müd“/„My hawk is tired“

この7曲はシューベルトの歌曲集『湖上の美人』(Liederzyklus vom Fräulein vom See)とされているようです。
この歌曲集の存在を初めて知りました。
できることなら聴いてみたく思い、探してみたのですが見当たりません。
発売されているものなのでしょうか。
ご教示をいただけると助かります。

                
関連記事

Comment

Re: お早うございます…

rudolfさま、こんばんは。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ソプラノで一番よく手にするディスクがボ二ーが歌うシューベルト歌曲集です。
rudolfさまもお持ちのディスクなのですね。
ディスクの全曲を通して聴くよりも、その時々により聴きたい曲だけを選んで聴いていますので、未だに全曲にじっくり耳を傾けていない有様です。

ディスク探しは年間行事のようになってきました。
見つからないとスッキリしなくて・・・。
最近は宅配で届く段ボールがCD収納箱に見えてきました。
CDを入れた段ボールが増えて・・・悲惨な状況に化しています。

雑談コメントばかりしかできませんが
私の方こそどうぞ今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
  • posted by lumino
  • URL
  • 2017.01/09 18:44分
  • [Edit]

Re: あけましておめでとうございます

burleskeさま、松の内も過ぎてしまいましたが
明けまして おめでとうございます
私の方こそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

シューベルトの歌曲で始まらないとブログもスタートしないようになってきました。
シューベルトの歌曲がこの拙ブログを支えて(最近は陰で)くれている大恩人のような存在です。
「アヴェ・マリア」は本当に有名な曲ですよね。
私もburleskeさまと同じく、じっくりと耳を傾けることがありませんでした。
ラテン語の方の「アヴェ・マリア」は歌詞が頭に刷り込まれるくらい歌ったり、聴いたりしたものですが。
こうしてドイツ語でじっくりと聴くのは初めてです。
美しい調べで、本当に良い曲ですよね。

シューベルトの歌曲集「湖上の美人」について・・・ありがとうございました。感謝です。
とても参考になりました。
burleskeさまのコメントを拝読してディースカウのシューベルト歌曲全集を取り出してみました。
ディースカウでD.846 と D.843 は聴くことができますね。
良かったです。早速、聴いてみます。
「エレンの歌」Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ の3曲はburleskeさまがお持ちのヤノヴィッツが歌っているそうですので、ディスクを探してみることにします。
歌曲集「湖上の美人」の7曲すべてを聴くことは残念ながら夢かも、ですね。
burleskeさま、本当に本当にありがとうございました。
  • posted by lumino
  • URL
  • 2017.01/09 18:28分
  • [Edit]

お早うございます…

luminoさま お早うございます…
今年もよろしくお願いいたします。

バーバラ・ボニーさんのシュベルトですね
きっと このCDも持っていると思うんですが…
どこにあるのな… 爆
パーソンズのピアノも良かった記憶がありますよ
今探しました〜 すぐに見つかりました…爆

今年もよろしくお願いいたします。
ミ(`w´彡)
  • posted by rudolf2006
  • URL
  • 2017.01/09 10:21分
  • [Edit]

あけましておめでとうございます

luminoさま、少し遅いですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

やはり新年の最初はシューベルトの歌曲なんですね。
『アヴェ・マリア』は有名ですが、じっくりと聴くことってあまりないですよね。改めて聴くと、やはり良いですね。
僕はヤノヴィッツとルートヴィヒで持っています。

「湖上の美人」のうちエレンの歌Ⅰ、Ⅱ、Ⅲはヤノヴィッツ、「ノルマン人の歌」D.846、「捕らわれた狩人の歌」D.843はディースカウが手持ちのシューベルト歌曲全集にありましたが、D.835とD.836は見当たりませんでした。
すいませんが、全曲揃うかどうかは、ちょっとわかりません。
ごめんなさい。
  • posted by burleske
  • URL
  • 2017.01/08 19:46分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

lumino

Author:lumino
音楽が日々の活力源になっています。
特に音楽知識のないクラシック・ビギナーに等しいのですが、「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。
日々の生活に無くてはならないのが音楽と本です。
また2羽の小桜インコの兄弟は大切な家族です。

最新記事

lumino

右サイドメニュー

♪ こんにちは ♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

*翻訳*